猫に『離れたくない』と感じさせる人の特徴5つ

猫に『離れたくない』と感じさせる人の特徴5つ

なぜか猫にモテる人と、そうではない人がいます。一体何が違うのでしょうか?猫が「離れたくない!」と思う人の特徴をチェックすれば、今すぐ猫モテ人間になれるかもしれません。

4309view

1.静か

抱っこ

猫は静かな環境を好みます。そのため、人も静かな人が好き。離れたくにゃい!と感じるでしょう。

猫がそばにいるときは、なるべく突然動いたり大きな音を出したりしないようにしてください。それが離れたくないと感じさせる秘訣です。

繊細な生き物のため、ちょっとした物音や動きでビクッとなってしまいがち。そのため、リラックスしてすごせる人のそばは快適に感じてくれるのです。猫に離れてもらいたくなければ、静かな人を目指しましょう!

2.信頼できる

信頼

猫に限らずですが、信頼関係は大事です。それがなければ、離れたくないどころか「近づきたくない」と思われてしまいます。まずは猫との分厚い信頼関係を築くことを最優先事項にしましょう。

無事信頼関係が築ければ、猫にとって飼い主さんは「離れたくない人」もしくは「自分からそばによりたい人」になるはず。きっと猫の方から近寄ってきて、離れなくなってくれるでしょう。夢のような暮らしが実現できるはずです。

3.嫌いな匂いがしない

仲良し

猫の嗅覚は人よりもかなり鋭いです。そして人がよいと感じる匂いを逆に「嫌だ」と感じる場合があります。

たとえば、強い香水の匂いや洗濯洗剤、柔軟剤の匂い、柑橘系の匂いなどは嫌うことが多いです。飼い主さんのそばに寄ったはよいものの、猫が嫌いな匂いが充満していたらきっと逃げて行ってしまいます。

猫と触れ合うときは極力無臭が望ましいです。人の体臭は割と平気な場合が多いため、汗をかいていてもちゅうちょする必要はありません。むしろモテるかも!?

4.イヤなことをしない

ナデナデ

せっかく近くに来てくれた猫に対してイヤなことをすると、すぐに離れて行ってしまいます。たとえば、ムリに構う、ぐっすり寝ているのにちょっかいを出すなど。

猫は自分の気持ちに素直に動くため、「イヤだにゃ」と感じれば即行動に移します。つまり、その場から去る、という選択をするのです。立ち去ろうとする猫を引き止めると余計嫌がられてしまいますので、猫が離れたくないと感じさせるには、イヤなことをしないというのが必須条件となります。

5.優しい

やさしさ

優しい人は人間界でも好かれる傾向にありますが、猫界でも同様のよう。穏やかに話しかけてくれたりそっと撫でたりしてくれると、「離れたくにゃい!」と思ってくれるでしょう。愛情たっぷりに接してあげてください。

いつも優しくしてくれることがわかると、より離れなくなっていくかもしれません。逆にベッタリされすぎて、困ることが増えたりして…。それはそれで、幸せですね!

まとめ

トラオくん
猫が離れたくない人になるには、とにかく猫の気持ちを優先するとよいようです。猫ファーストな人が好かれ、猫自ら近寄ってくる存在になれるのでしょう。必要以上に迎合することはありませんが、そばにいて心地よさを感じてくれるようにするのがオススメです。

スポンサーリンク