猫に最適な『冬の寝床』5つ

猫に最適な『冬の寝床』5つ

当たり前の話ですが、猫に快適にすごすしてもらうには、冬には夏とは違う寝床を用意してあげなければいけません。一体どのような寝床が最適なのでしょうか?一緒に見ていきましょう。

1884view

1.日の当たる場所にある

窓際のベッド

気温が下がる冬は、特に日当たりのよい場所に寝床を用意してあげましょう。窓から差し込む光がダイレクトに感じられるところがベストです。時間によって日の当たる場所が移動するため、いくつか用意してあげると喜ぶでしょう。

ぽかぽか陽気の際は、気持ちよさそうに横たわる愛猫の姿が見られるでしょう。そんな幸せそうな様子を見て、飼い主さんも癒されるはず!愛猫が日の光を浴びて快適にすごせるように寝床を配置してあげてください。

2.屋根付きベッド

屋根付きベッド

冬の猫の寝床には、屋根付きベッドを用意してあげるとよいでしょう。留守番時などに暖房がなくても温かくすごせます。また猫は薄暗くて狭い場所を好みますので、屋根付きベッドに入ると安心するはずです。

もし寒さが心配なら、ペットヒーターや湯たんぽなどを併用してあげてください。そうすれば鉄壁の温かさで、愛猫を守ってくれるでしょう。

3.下からの冷気を防ぐ

猫ベッド

床からの冷気は意外とクセモノです。猫の寝床は直接床に置くのではなく、断熱シートや段ボールなどを敷いた上に置くとよいでしょう。床から離れた少し高い場所でもOKです。

ちょっと工夫するだけで、温かさが倍増します。また窓や壁にくっつけて置いてしまうと、そこから冷気が入ってきてしまうでしょう。少し離すとそれだけで寒さから愛猫を守れます。

4.温度差に注意

毛布にくるまるねこ

意外と困るのが「温度差」です。飼い主さんがいるときは暖房器具を使い、留守番のときは消す場合はかなりの温度差が発生することがあります。10度以上差があると、愛猫の体調不良につながる可能性があるのです。

そのため、なるべく温度差が発生しないように気をつけてあげてください。シニア猫や子猫は特に注意が必要です。ペットヒーターや湯たんぽなど、猫の留守番時も安全に使える暖房を用意してあげてはいかがでしょうか?

ただ温めすぎにもご注意ください。猫が自分で暑くなったら涼しい場所に移動できるようにしておくのも大切です。

5.温かい素材

ふわふわ毛布

猫が快適にすごすには、温かい素材の寝床が必須でしょう。フリース記事を一番好むというデータがあります。もちろんフリースに限らず、愛猫が気に入ればOKです。

冬にはふわふわ素材やもこもこ素材の猫ベッドが数多く販売されていますので、好みのベッドを探すのはそう難しくはないでしょう。ベッド以外にも温かい毛布やタオルで、愛猫の暖を確保してあげてください。

まとめ

姫ちゃん
本格的に寒くなってくると、寝る時間が増える猫も多くなるでしょう。快適にすごせる寝床があることは、猫の健康によっても重要です。温かく、そしてリラックスして眠れる場所を用意してあげてください。

スポンサーリンク