猫を喜ばせる『気配り上手な飼い主』がしていること5つ

猫を喜ばせる『気配り上手な飼い主』がしていること5つ

猫にも感情があります。飼い主さんならば誰もが「愛猫に喜んでもらいたい!」と思うはずです。どうしたら喜んでもらえるのでしょうか?気配り上手な飼い主さんに学んでいきましょう。

1425view

1.猫の気持ちを理解する

撫でられる猫

猫は猫の気持ちを理解してくれると喜びます。それは人も同じですね。自分のことに理解を示してくれる人に対しては、よい印象を抱きやすいです。

気配り上手な飼い主さんは、愛猫の気持ちをよく理解しています。もしくは理解しようとしているのです。猫は相手の気持ちに敏感な生き物なので、そのことを察しているでしょう。

「自分の気持ち、知ろうとしてくれてるにゃ」と感じれば、喜ぶこと間違いなしです。より飼い主さんに信頼をよせる結果となるでしょう。

2.触り方がわかっている

抱っこ

猫との適度なスキンシップは重要です。どうしても嫌がる場合はムリ強いはしない方がよいですが、そうでなければ適切に行っていきましょう。

その際、猫の触り方がわかっていると、喜んでくれます。たとえば、足先やしっぽ、肉球などの敏感な部分には触れないで、顔周りなどの猫が触られて嬉しい場所を撫でると○。「飼い主、わかってるにゃ〜!」と猫からの評価が上がるでしょう。

3.おやつをうまく使う

おやつを食べる猫

おやつは猫も大好きです!お気に入りがある猫も少なくないでしょう。ですが与えすぎは肥満になりやすいため、量には注意が必要です。

太らせないようにうまくおやつを使うと、喜んでくれるでしょう。毎日適量を与えるのもよいですが、何かのご褒美で与えても。通院を頑張ったときなどに限定するなどしておやつを与えてほめれば、次も頑張ってくれるはずです。

4.遊ばせ上手

遊ぶ猫

猫は遊び好きが多いです。1匹遊びも自動式のおもちゃもよいけれど、やっぱり飼い主さんが動かしてくれるのが一番でしょう。

飼い主さんが遊ばせ上手だと、喜んでくれます。まるで獲物のように動くおもちゃを見て、目を輝かせて遊ぶに違いありません。たくさん遊んで、絆を深めていきましょう。

5.ストレスを与えない

リラックス

ご存知だとは思いますが、猫はストレスに弱い生き物です。大きな音や急な動き、リラックスタイムを邪魔されるなどがあると、イライラしてしまいます。その原因が飼い主さんになってしまうこともあるのです。

愛猫にストレスを与えないようにできる飼い主さんには、喜んでくれるでしょう。快適にすごせれば、気分よくいられます。もちろん100%というのは難しいでしょうが、極力イライラさせないように気をつけてあげましょう。

まとめ

むぎちゃん
猫が今どういう気持ちでいるのか、何を求めているかはわかりにくい場合があります。長年一緒に暮らす飼い主さんでさえ、100%理解はできないでしょう。ですがなるべく気持ちを汲むことで、喜んでもらうことができます。

不思議で難解な猫を、少しずつ読み解いていきましょう。

スポンサーリンク