猫に『ありがとう』を伝えたい時にすべきこと4つ

猫に『ありがとう』を伝えたい時にすべきこと4つ

愛らしい仕草で私たちに癒しを与えてくれる猫。猫を飼っていると、猫から元気をもらうこともたくさんあるのではないでしょうか。そんな大好きな猫に「ありがとう」を伝えるには、どうしたらいいでしょうか?

4689view

1.ご褒美のおやつをあげる

女性の手からおやつをもらう猫

「ありがとう」の気持ちを伝えたい時は、やっぱりご褒美ですね。猫が好きなおやつをあげてみてはいかがでしょうか。

ただし、総合栄養食を食べている猫は、それだけで必要な栄養素は摂取できているので、おやつは必ずしも与えなければならないものではありません。

おやつの食べ過ぎは肥満につながります。猫の健康を考えて与え過ぎには注意しましょう。おやつのパッケージに記載されている1日に与える量を目安にして下さい。

おやつは、お留守番をしてくれたなど、特別な時の「ありがとう」を伝えるご褒美にするのがおすすめです。

2.おもちゃをプレゼントする

猫じゃらしの羽をくわえる猫

猫はおもちゃで遊ぶのが好きです。「ありがとう」の気持ちをこめて、新しいおもちゃをプレゼントしましょう。

どんなおもちゃでも良いわけではなく、猫にも好みがあります。すぐに飽きてしまうこともあります。

普段、どんなおもちゃで遊んでいるかチェックして、猫の好みのおもちゃを選ぶといいですね。

もちろんそのおもちゃで一緒に遊んであげたら、猫はもっと喜びますよ。猫が喜ぶ姿を想像しながらおもちゃを選ぶのも、楽しい時間になりそうですね。

3.スキンシップ

女性の膝の上に抱かれている猫

飼い主と猫の心をつなぐのは、何といってもスキンシップ。猫が甘えてきたら、優しく撫でてあげて下さい。

膝にのったり、抱っこをするのを喜ぶ甘えん坊の子もいます。しばし手を休めて、感謝をこめて猫に付き合ってあげて下さいね。

ただし、猫が放っておいて欲しい時に触ると逆効果になってしまうので、猫の気持ちを考えながらです。

あまり長くスキンシップしているのも、だんだん嫌がってくることがあるので、猫のペースに合わせてあげましょう。

4.猫のための環境を整える

キャットタワーから下を見る猫

猫が過ごしやすい環境を整えてあげるのも、感謝を伝える方法ではないでしょうか。

キャットタワーを設置してあげると、猫は上下運動ができて喜びますが、高さの違う棚を並べるなどして工夫するのもいいでしょう。

爪とぎを数ヵ所に設置したり、猫のベッドを置いたり、箱を利用して猫の隠れ場を作ってあげるのもいいかもしれません。

遊びや運動が十分できて、安心して眠れる場所を作ってあげましょう。

まとめ

膝に乗っている猫

猫に感謝の気持ちを伝えたい時、何かをするのもいいですが「ありがとう」と言葉をかけてみるのもひとつの方法です。

言葉の意味はわからなくても、飼い主の気持ちのこもった声や態度で、猫に想いは伝わるのではないでしょうか。

大好きな飼い主が嬉しそうにしていたら、猫もきっと幸せですよ。

スポンサーリンク