猫が飼い主に『甘えたくなる』シチュエーション5選

猫が飼い主に『甘えたくなる』シチュエーション5選

気まぐれな猫も、時には甘えてくることがありますよね。飼い主さんとしては嬉しいひとときでしょう。それでは猫が甘えたくなるのは、いったいどのようなシチュエーションなのでしょうか?

821view

1.飼い主さんが帰宅したとき

足元にすり寄る猫

仕事や買い物などで帰宅すると、玄関で愛猫が待っていることがありますよね。

飼い主さんが長時間留守にしたとき、中には「寂しかったよ」と言わんばかりに甘えてくる猫もいるでしょう。

飼い主さんが帰ってくると、撫でてもらえたり、ご飯をもらえたり、良いことが起きると学習しているのです。

2.お腹が空いているとき

見つめる猫

猫にとって、食事は何よりも楽しみにしている時間です。

お腹が空いていると、飼い主さんにスリスリしたり、鳴いて訴えたりと甘える仕草を見せます。

愛らしい姿につい、ねだられるまま与えてしまうと肥満の原因になりますので気をつけましょうね。

3.飼い主さんが忙しいとき

撫でられる猫

仕事や作業をしているとき、慌ただしく支度をしているときなど、忙しいときに限って甘えてくることがあります。

「そんなのいいから構って!」と訴えているのでしょう。あの手この手を使って、飼い主さんの気を引こうとします。

困ったなと思いながらも、憎めない行動ですよね。

4.遊んでほしいとき

見つめる猫

「遊び」は狩猟本能を刺激し、ストレス解消にも繋がるため、猫にとって必要な時間です。

猫は遊んでほしいとき、お腹を見せてクネクネしたり、飼い主さんにスリスリしたり甘えるような仕草をします。

中にはオモチャを飼い主さんの元にくわえて持ってくる猫もいますよね。

短時間でも良いので、猫が喜ぶオモチャで遊んであげましょう。

5.リラックスしているとき

撫でられる猫

猫がリラックスしているとき、撫でてあげるとウットリと気持ち良さそうな表情を見せますよね。

飼い主さんの手に顔を押し付け、「もっと撫でて!」と甘えてくることがあります。

顔周りは猫が喜ぶ場所でもあります。優しくゆっくりと撫でてあげましょうね。

まとめ

抱っこされる猫

いかがでしたか?

いつもはツンデレな猫に甘えられると、飼い主さんとしては嬉しいですよね。

猫が甘えたくなるシチュエーションを知っておけば、絆がさらに深まるはずです。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク