死亡事故の可能性も?猫の絶対見逃しNGな『予想外の危険行動』5つ

死亡事故の可能性も?猫の絶対見逃しNGな『予想外の危険行動』5つ

ふと見ると、愛猫が予想だにしない行動をしていたことはありませんか?お腹を見せていたり変なポーズをしていたりと、飼い主さんの気分を楽しくしてくれるでしょう。ですがときには危険な行動に出る場合もあるのです。

883view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.網戸破り

外を眺める猫

夏など、暑い時期には窓を開け、網戸だけにする場合があると思います。これが意外と危険なのです。たとえば、猫が爪を引っ掛けて開けてしまう、網戸自体を破ってしまうなどの予想外な行動に出ることがあります。

不妊手術をしていないと発情期に相手を求める強い衝動により、網戸を破る可能性があります。そして外へと逃亡するのです。これには命の危険が伴います。

愛猫が交通事故に遭う可能性があるのです。もし飛び出した先に車が走っていたら?避けられずにそのままぶつかってしまうかもしれません。たとえ車にひかれなくても、愛猫が迷子になることもあるわけです。                                                                                                 

網戸があるから、と安心はできません。むしろ危険だと考えましょう。網戸にはロックをかけるか、網を破られないものに変えると安心です。

2.ベランダから飛び降りる

ベランダにいる猫

ベランダから飛び降りてしまう場合もあるでしょう。1Fのベランダであればそれほど危険はありませんが、2F以上になると危険が伴ってきます。猫は着地が得意だから大丈夫、と思っていませんか?

確かに、上手に行うことはできます。ですがいつもいつもできるわけではないですし、実は猫は着地が苦手です。場合によっては着地に失敗して、ケガを負うかもしれません。当たりどころが悪く、亡くなる可能性もゼロではないのです。

大変危険ですので、愛猫がベランダから飛び降りないよう、柵などを設置しておきましょう。

3.風呂場に潜り込む

お風呂

お風呂にお湯が張った状態だと、これが猫の命を奪う危険なものになる場合があります。絶対に猫が入り込まないようにしておきましょう。特に子猫は体が小さく、ちょっとしたスキマにも入れてしまいます。

成猫であっても狭い場所を通るのはお手の物ですから、十分気をつけてください。しっかりとドアを開かないようにするなどして、愛猫を水の事故から守ってあげてください。

4.キッチンでいたずら

飼い主さんと猫

キッチンは猫にとって興味深いものがたくさんある場所なのですが、同時に危険な場所でもあります。

火や刃物、先端のとがったものなどがあり、もしかしたらそれらにさわってケガをしてしまうかもしれません。

場合によっては命に関わることすらあります。大切な愛猫を守るため、柵などを設置しておきましょう。

5.ものすごく高い場所に登る

降りれないにゃ〜

高い場所に登るのが得意な猫ですが、残念ながら降りるのも得意かというとそうではありません。降りられなくなって困った末、無理に飛び降りて骨折…というケースがありえます。

家の中にそこまで高い場所があるとは限りませんが、猫が自力で降りられないようなところには登らないようにしておきましょう。

まとめ

あぶにゃっ!

猫はときとして、飼い主さんが予想もしていなかった行動に出る場合があります。

それが楽しくもありますが、危険な場合もあるのです。たとえ家の中であっても100%安全とはいいきれません。

愛猫の安全を守るため、できるだけの対策をしておきましょう!

スポンサーリンク