猫が声をかけると『うなずく』5つの理由

猫が声をかけると『うなずく』5つの理由

人間のようにうなずく仕草はあまり見られないかもしれませんが、猫はちゃんと身体を使ってうなずいています。猫のうなずきには、顔を動かしながら鳴く、大きく瞬きをする、尻尾を振るなどがあります。

834view

1.自分の名前を呼ばれたから!

鳴きながら走ってくる子猫

猫の名前を呼ぶと、うなずくように鳴いてくれるでしょう。

猫はちゃんと自分に話しかけられていることを把握しています。聴覚の良い猫は、イントネーションや波長で言葉を聞き分けているのでしょう。

勿論、怒られている時は絶対にうなずきません!

2.挨拶ニャ〜

女性を顔を合わせる猫

「おはよう!」と声をかけた場合には、うなずくように「ニャッ!」と返事をしてくれることが多いです。

猫は、意外と挨拶が好きなようです。ご機嫌よく「ヨッ!」としゃべり返しているのです。

ほかにも「ただいま」「おやすみ」の挨拶にも、うなずくように甘えた声で返事をしてくれるでしょう。

3.ご飯をくれるのかニャ?

上を向いて鳴く猫

声をかけられた時に、ご飯と思っているならば大きな声でうなずいてくれるでしょう。

顔が壊れてしまうのではないかと感じるくらいに口を横にして、可愛い甘えたような声でうなずいてくれるでしょう。

お腹が空いて人間の側で我慢して待機していた場合は「ゴロニャ〜ン、ブルブルニャ〜ン」といううなずき方もします。

4.遊びたいニャ〜

爪とぎに腕をかける猫

遊びに誘われたと思う時も、全身でうなずいてくれるでしょう。

期待に満ちた顔付きで、こちらの動きを見上げています。もしかしたら、突然にダッシュ走りをし出すかもしれません。

違うタイミングであったとしても、猫の気分は盛り上がっています。しっかりとお相手をしましょう!

5.終わったニャ!

トイレ後に見上げる猫

トイレやご飯の後に「終わった?」と声をかけると、うなずいてくれる猫も多いでしょう。

トイレの後は、終わったと言いにくる猫もいます。綺麗好きな猫ならではの仕草ですね。

そして「トイレ終わりました~」と報告するように鳴きながらうなずくこともあります。

まとめ

食卓で会話をする猫と少女

猫が声をかけると『うなずく』5つの理由についてお伝えいたしました。

猫は人間とコミュニケーションを取るために様々な能力を身に付けるようになりました。

今回ご紹介したようなうなずく様子も、人間の行動から勉強しているのかもしれません。

声かけをして愛猫がうなずいてくれたら、きちんと反応してコミュニケーションをとってあげましょう♪

スポンサーリンク