猫にストレスを感じさせない『スキンシップ』のコツ3つ

猫にストレスを感じさせない『スキンシップ』のコツ3つ

「いつスキンシップをとってもOK」「どこを触られてもOK」という警戒心ゼロの猫はかなり限られています。タイミングや触る場所を誤ってしまうと、スキンシップを通して猫にストレスを与えてしまう可能性もあるのです。そこで今回は、猫にストレスを与えないようにスキンシップするコツを紹介してまいります。

1615view

猫と上手にスキンシップを図るコツを解説!

顎を撫でてもらう猫

「愛猫ともっとスムーズにスキンシップを図れたらいいのに…」「愛猫に触ろうとするといつも怒られてしまう…」といった悩みを抱えている飼い主さんはいませんか?

猫と上手にスキンシップをとりたいのであれば、猫の機嫌や触る場所などをしっかりと見極めることが重要となってきます。

ということで、本記事では猫にストレスを与えない上手なスキンシップのコツを解説していきます!

猫ともっと仲良くなりたい!と考えている人は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.「猫が撫でられて嬉しい場所」を把握する

猫の頭と顎を撫でる猫

スキンシップを図る前は機嫌が良かったのに、撫でたり触ったりした途端、機嫌を損ねてしまった…という場合は「猫が触って欲しくない場所」を触ってしまっているのかもしれません。

一概にはいえませんが、額や顎の下、背中、尻尾の付け根あたりを触られると喜ぶ子が多いです。

そのため、このような場所を撫でてみて猫の様子を伺い、気持ちよさそうにしているようならそこを重点的に撫でることを意識しましょう。

猫が撫でられたい場所を撫でることにより、ストレスを与えずにスキンシップを図ることができます。

2.猫が機嫌の良いタイミングを見計らう

女性にスリスリする猫

これは人間にも通じることですが、やはり機嫌が悪い時に下手に接してしまうと、猫に大きなストレスを与えてしまう危険性があります。

なので、できるだけ猫の機嫌が良いタイミングを見計らって、スキンシップを図るようにしましょう。

猫が自ら近寄ってきた時や、ニャーンといった高い声で鳴いている時、しっぽを縦にピンと伸ばしている時などは機嫌の良い可能性が高いので、猫の様子に注目しながら接するようにするのがポイントです。

3.「猫の好きな物」を使いながらスキンシップをする

猫じゃらしで遊ぶ猫

猫を飼い始めたばかりだったり、スキンシップを図るのがちょっぴり苦手な猫と接するような場合は、猫用おやつや猫用おもちゃといった「猫の好きなもの」を使うのもおすすめです。

最初は警戒心まる出しの状態でも、好きな物を見せた途端目の色を変えて近寄ってきてくれたり、飼い主さんへの好感度も増す可能性があるので、ストレスを与えず尚且つ簡単にスキンシップを図りやすいといえます。

まとめ

少女に撫でられてご機嫌な猫

猫の気持ちに寄り添った行動を意識しながらスキンシップを図れば、ストレスを与えることなく上手に距離を縮めることができるはずです。

猫とのスキンシップの方法に迷った時は、ぜひ今回紹介した内容をヒントにしながら接してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク