猫が『好きな人だけ』にしている5つのアクション

猫が『好きな人だけ』にしている5つのアクション

ツンとしていて自由気ままに見える猫ですが、好きな人に対してはその気持をちゃんと表現しています。猫は好きな人にどのようなアクションをしているのでしょうか。猫の行動や仕草5つをご紹介します。

7945view

1.スリスリする

人の手に顔を擦りつける猫

猫が体を擦りつけるのは自分のにおいをつけるためです。好きな人にスリスリするのは「この人は自分のもの!」とにおいをつけてアピールする猫からの愛情表現なんです。

また、好きな人が猫が知らないにおいをつけていたら不安になってしまうこともあります。

好きな人にスリスリして自分のにおいをつけて安心したいという気持ちの場合もあります。

2.そばにいる

人の足の近くにいる猫

移動するたびにしょっちゅう猫が後をついてくること、よくありませんか。

ぴったりくっついているという猫は、好きな人が少しでも見えなくなると不安になってしまうのかもしれません。それほど好きということなのです。

ぴったりくっつくことはなくても、好きな人から見える位置にいたり、ちょっと離れた場所から見つめていたりする猫もいます。

3.瞬きする

目を細める猫

猫同士で相手に敵意がないことを示すには、ゆっくり瞬きをします。

好きな人に対してもゆっくり瞬きをしたり、目を細めたりします。

猫からの「大好きだよ」という愛情表現です。猫と同じようにゆっくり瞬きをして応えてあげましょう。

4.しっぽを立てて近づく

横から見た歩く猫

猫のしっぽは猫の感情を表現して動きます。好きな人に近づくとき、うれしい気持ちをしっぽをピンと立てる仕草で表現しているんです。

立てたしっぽの先の方をブルブルと細かく震わせてうれしさを表している猫もいます。

我が家の猫もお気に入りの家族に名前を呼ばれるとしっぽを立てて近づいて行きます。よく見るとしっぽを震わせているときもあります。

5.獲物をくれる

おもちゃをくわえている猫

好きな人に猫が獲物を持ってきてくれることがあるんです。おもちゃだけでなく、本物のネズミや虫を捕まえて運んで来ることがあります。

ビックリしてしまいますが、猫は獲物を捕まえられなくて可愛そうと思っていたり、その人を子猫だと思っていたりしているようです。

体調不良で寝込んでいる飼い主さんに自分のおもちゃを持ってきてくれる猫もいます。

猫が虫などを持ってきても叱ったり大きな声を出して驚いたりせず、猫の優しさを受け取ってあげましょう。

まとめ

しっぽを立てて歩いてくる猫

猫は大好きな人に対して、ちょっと特別なアクションをしてその気持ちを表現してくれます。

スリスリしたり後をついてきたりとわかりやすい行動もあれば、瞬きで表現している場合もあります。また、好きな人のためにおもちゃなどを持ってきてくれることもあります。

猫によって好きな人へのアクションは様々です。我が家の猫たちもみんな表現が違います。

猫とふれあうとき、彼らがどんな仕草や行動をしているのか、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク