猫の危険な『ストレスによる変化』5つとケア方法

猫の危険な『ストレスによる変化』5つとケア方法

猫はストレスが原因でさまざまな問題が起きます。ときには危険な変化となる場合も。その場合は適切なケアを行う必要があります。どんな危険な変化があるのか、対処法と共にお伝えしましょう。

749view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.体調不良

具合の悪そうな猫

猫がストレスをためると、体調不良となる場合があります。

かなり繊細な動物なので、ちょっとしたことでも体調を崩してしまう原因になりえるのです。下痢や便秘、嘔吐などを起こすかもしれません。

一時的な場合もありますがもし症状が長引く場合は、動物病院を受診しましょう。また特発性の膀胱炎にかかる可能性も。

引っ越しや新入り猫など、ストレスをためやすい状況のときには特に注意してあげてください。

2.食欲不振

食べたくない猫

ストレスによって食欲不振になることも。食べるどころではなくなってしまうのでしょう。水も飲まなくなる場合があります。

もちろん、ただ単にご飯が気に入らないという可能性も考えられますが。いつもと違うと感じたら、早めに対処しましょう。ストレスが原因となっているかもしれません。

3.粗相を繰り返す

トイレットペーパーに絡まった猫

トイレ外で排泄してしまう粗相を繰り返す場合も、ストレスが疑われます。

飼い主さんが留守中にするのなら「分離不安」の可能性も。ただ病気が関係している場合もありますので、かかりつけ医に相談するのが一番でしょう。

猫が粗相を何度もすると掃除が大変になってしまいます。排泄物の匂いがするとそこをトイレだと勘違いすることもありますので、しっかりと匂いを消すようにするのも大切です。

4.夜の運動会

ドタバタ

猫が深夜になると突如としてドタバタしはじめる「夜の運動会」。実は「真空行動」という正式名称があります。

溜まりに溜まったストレスを発散させるため、何の前触れもなく走り出すのです。

危険とまではいかないかもしれませんが、飼い主さんが寝不足になる可能性があります。なるべく猫と遊んであげるとよいでしょう。真空行動の原因は、狩猟本能からきているからです。

室内飼いは安全度が高いのですが、本来猫が行う「狩り」をする機会がありません。そのため、エネルギーが溜まってしまい、それが吹き出て夜の運動会となって現れるのです。

まとめ

ぐったり

過剰なストレスは人にとっても猫にとってもよい影響がありません。特に猫はすぐに体調に現れてきますので、気をつけてあげてください。なるべくストレスを感じない暮らしを、送らせてあげましょう!

スポンサーリンク