猫に溢れる愛を伝えるコツ5つ

猫に溢れる愛を伝えるコツ5つ

愛猫に愛を伝えたいけれど、どうやればよいのか…。そんなお悩みをお持ちではありませんか?猫に愛を伝える方法は、意外と簡単です。ぜひ活用して、愛猫との信頼関係をより強固なものにしていきましょう。

1128view

1.優しく話しかける

会話

猫に愛を伝えたいときは、優しく話しかけるとよいでしょう。人の言葉の意味がわかっているかどうかは定かではありませんが、気持ちは伝わるはずです。猫は相手の感情を敏感に察するので、飼い主さんの愛も感じとれるでしょう。

ただある程度の単語は理解できるとも考えられているため、頻繁に猫に「大好きだよ」などと話しかけていると覚える可能性はあります。愛猫の名前と共にたくさん愛のこもった言葉をかけてあげてください。

2.鼻チュー

鼻チュー

鼻チューとは、猫が鼻先を近づけて挨拶する行為のことです。初対面の相手とはもちろん、仲良しな相手とは親しみを表現する方法として使います。通常は猫同士で行いますが、人相手でも行ってくれますので、ぜひ愛猫の鼻先にご自身の鼻先を近づけてみましょう。

匂いをクンクン嗅いでくれば鼻チュー成功です!なんともいえない幸せな時間になります。信頼関係ができれいれば、ほぼ100%鼻チューしてくれるでしょう。

ただ気分屋なので、してくれないことも。そんなときはしつこく求めるのではなく、別の機会に試してみてください。

3.まばたき

まばたき

まばたきは、猫に愛情を伝える有効な手段の1つです。愛猫と目が合うと、ゆっくりを目をつむることはありませんか?とてもかわいい仕草ですが、あれは飼い主さんへの愛を伝えてくれているのです。

ある実験でも、初対面の猫がまばたきをする人としない人では、まばたきをしてコミュニケーションをとった人の方に懐きやすいという結果がわかりました。まばたきはどんな関係性の猫に対しても愛を伝える有効的な手段なので、ぜひ活用していきましょう。

4.快適な空間を提供する

快適そうな猫

猫にとっての快適な空間を用意することは直接的な愛情表現ではありませんが、きっとその気持ちは伝わるでしょう。「飼い主さんが寝心地のよいベッドを買ってくれたにゃ!」「落ち着ける隠れ場所を作ってくれたにゃ」と猫は飼い主さんがしてくれたことをよく見ています。

そしてそれは、愛猫にストレスの少ない生活を送らせることになり、よい愛の循環が生まれるでしょう。飼い主さんと猫と、お互いに信頼に溢れた素晴らしい暮らしになっていくのです。猫にとって快適に過ごすことはとても大切。

ストレスが少なければ心身を健康に保てます。長生きにもつながるでしょう。それは飼い主さんにとっても、幸せなことではないでしょうか?

5.要求に応える

見上げる猫

できるだけ猫の要求に応えるのも、愛を伝える手段です。かといって、全てに応える必要はありません。叶えられるものだけ、叶えてあげてください。

たとえば「撫でて」という要求にできる限り応える、猫が遊びたいときに時間をとるなどです。おやつをもっとちょうだい、というのは毎回叶えると肥満の原因となってしまいますので、そこはある程度のルールが必要でしょう。

まとめ

くうちゃん
飼い主さんから愛を伝えられたら、猫は嬉しいはずです。近寄ってきたり、スリスリしてきたりしてくれるかもしれません。そうやって絆を深めていってください。

さらに楽しく幸せな日々が待っているでしょう。

スポンサーリンク