猫が『ウザいなぁ』と感じている時のサイン4つ

猫が『ウザいなぁ』と感じている時のサイン4つ

猫が可愛いあまり、ついつい構い過ぎてしまうことも。でも、猫の方はウザいと感じているかもしれませんよ。猫が(ウザいなぁ…)と感じているサインを見逃さずに、猫が嫌がってるとわかったらそっとしておいてあげたいですね。

3204view

1.イカ耳になる

こちらを見るイカ耳の猫

猫の耳が横に張っている状態は、「イカ耳」と呼ばれています。上から見ると、イカのように見えるからです。

このイカ耳になった猫は、不機嫌な時が多いのです。まさに、ウザいと思っている時。

特に、横に張った耳が後ろに向いていたら、ウザいを通り越して怒っているかも。

そんな時にそのまま猫に構い続けていると、いきなり猫パンチが繰り出されてしまう恐れがあります。すぐに離れて、そっとしておいてあげて下さいね。

甘えてイカ耳になることもありますが、この場合は喉を鳴らしていたり、穏やかな表情をしています。

2.しっぽをパタパタ叩きつける

寝転がってしっぽを振る猫

寝転んでいる猫を撫でていたら、しっぽを床に叩きつけるように振り始めた…これは、ウザいと思っているサインです。

しっぽをパタパタと叩きつけるように振ったり、左右に激しく振るのは、構われたくない、放っておいてほしいしるしなんです。

撫でてもらうのが好きな猫も、長い時間触られるとイライラしてしまうことがあります。しっぽのサインが見られたら、撫でるのをやめましょう。

3.飼い主に応えない

不機嫌そうに目を細める猫

名前を呼ぶと「ニャー」と鳴いて応えてくれる猫。お返事してくれるのがかわいくて、何度も呼んでしまったりしませんか。

最初は機嫌よく応えていても、だんだんウザいと、感じてしまうかも。呼びかけに応じなくなったら、そっとしておいてあげて下さいね。

名前を呼ぶと、鳴き声で応えないまでも、しっぽを振って「聞いているよ」と合図してくれる猫も多いです。

ただ、返事をするのが面倒でしっぽを振っていることもあるので、しつこく呼ばないほうがいいかもしれませんね。

4.激しくグルーミングする

自分の足を舐める猫

猫の毛づくろいには、体を清潔に保つこと以外にもいくつか意味があります。そのひとつが、気持ちを落ち着かせるということ。

猫が激しく長めにグルーミングしていたら、イライラを静めたいための行動である可能性があります。

長時間グルーミングをし続けている場合は、ストレスを抱えているかもしれません。

ストレスを抱えたままでいると体調不良にもつながります。ストレスの原因となるものを取り除いてあげて下さいね。

まとめ

椅子に寝そべって目線を上に向ける猫

猫との上手な付き合い方は、猫の気持ちを理解してあげること。甘えるのも好きですが、構われ過ぎると「ウザい」とイライラしちゃうのが猫なんです。

猫が「もう、放っておいてほしい」と感じるタイミングがわかれば、構い過ぎて怒らせちゃうなんてこともなくなりますね。

スポンサーリンク