猫に『苦労』を背負わせてしまう飼い主の特徴3つ

猫に『苦労』を背負わせてしまう飼い主の特徴3つ

猫と一緒に生活をするのであれば「猫が心地よいと感じる飼い主さん」を心がける必要があります。わざと猫が嫌がるような飼い主さんはほとんどいないと思いますが、知らない間に猫が苦労してしまうような迷惑をかけてしまっていた…なんてことは実はよくあります。そこで、本記事では猫に苦労を背負わせてしまう残念な飼い主さんについて詳しく解説していきます。

2783view

こんな飼い主さんは猫にとってストレスかも…!?

暗い部屋にいる猫

人間同士の世界ではマイナスなどころか好印象な特徴であっても、猫からしてみたら「大迷惑」となる特徴を持っている人は、実は意外とたくさんいます。

これから猫と一緒に生活をしようと思っている人や、猫からもっと好かれたい!と思っている人は、今回紹介する特徴を猫の前で出さないように意識してみるのがおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

1.大声や大きな音を頻繫に出してしまう人

メガホンを使う女性

もともと地声が大きい人や、大きな物音を出すことが多い人は注意しましょう。なぜなら、猫は大きい声や音が苦手だからです。

人間にとっては「少しうるさいな」と思うレベルの声や音でも、猫にとっては大音量であり、そのせいで猫がストレスを抱えてしまうこともあるので、むやみに大声や大きな音を立てないようにしましょう。

2.匂いのきつい香水やアロマなどが好きな人

香水の瓶

においが強めの香水を愛用していたり、アロマなどを好んでいる人はきっと多いと思います。

しかし、猫がいる部屋で香水をたくさん振りまいたり、アロマなどを炊くのはあまりおすすめできません。猫の鼻は非常に敏感で、このような強いにおいは猫にとって刺激が強すぎるからです。

また、アロマの場合、種類によっては猫に有害な物質を含むものもあるため、猫を飼うのであれば極力アロマは使わないのが好ましいです。

もしどうしても香水やアロマなどを使いたい場合は、猫がいないところで使用するようにし、香水を振りまいた直後に猫と触れ合ったり、アロマを炊いている部屋に猫を入れたりしないようにしましょう。

3.身振りが大きかったり、激しい動きが多い人

飛び跳ねる女性

猫にとって人間のからだの大きさは「巨人レベル」といっても過言ではありません。

そんな大きなからだの人間がいきなり走り出したり、派手な行動をとってしまうと、猫は「一体何事だ!?」とびっくりしてしまいます。

猫の前ではできるだけ派手な動きは抑えて、静かにゆっくり行動することを心がけましょう。

まとめ

モノクロの猫写真

とてもささいな行動がきっかけでいつの間にか猫に避けられていたり、猫に大きなストレスを与えてしまうのはとても悲しいですよね。

そんな状態を引き起こさないためにも、猫にとって安心感を与えられるような行動をとるように注意しましょう。

スポンサーリンク