猫と飼い主の『なかよし度』がわかる5つのチェックリスト

猫と飼い主の『なかよし度』がわかる5つのチェックリスト

愛猫がご自身のことをどう思っているのかわからなくて悩んだことはありませんか?そんなあなたに朗報です。猫とのなかよし度がわかるチェック項目を5つまとめました。ぜひ行ってみてください。

2885view

1.近づいても逃げない

仲良し

猫も人と同じように「パーソナルスペース」があります。全く知らない人との距離は2メートルが適当のようです。親しくなればなるほど、その距離は近くなるのですが…。

すなわち本当になかよしなら、飼い主さんが猫の至近距離に行っても逃げないはずです。試しにやってみてください。たいていは逃げずにいるのでは?

もし警戒ぎみに逃げてしまうのなら、まだ心の距離があるのでしょう。縮めていけるように猫に信頼されることをしていってください。

2.舐めてくれる

舐める猫

猫が飼い主さんを舐めてくれることがあります。これは「アログルーミング」とよばれる仲間同士で行う行動です。

つまり、飼い主さんのことを仲間だと認めているからこそ、ペロペロしてくれるのです。さすがに舐め返すわけにはいきませんので、なでるかブラッシングするかしてあげてください。

飼い主さんが猫をブラッシングしたときに、お礼で舐めてくれる場合もあるようです。

3.しっぽを立てる

猫のしっぽ

猫が親しみを持っている人に近づくときはしっぽが「ピ〜ン!」と立ちます。よく観察してみてください。しっぽの先は少し曲がっていることも。

それまではだらんとしていても、飼い主さんの姿を見たとたんにピッとなるでしょう。もし愛猫にそのようなしっぽの変化が見られたら、なかよしの合図です。猫が親しみを持ってくれています。

4.鼻チューしてくれる

鼻チュー

猫の鼻チューは挨拶の意味もありますが、愛情表現でもあります。もししてくれたら、かなりなかよしだと思ってよいでしょう。飼い主さんが横になっているときなどにそっと近寄ってきて、鼻チューしてくれるかもしれません。

逆に飼い主さんが愛猫に近づいてするのもOKです。ゆっくり鼻を近づければ、きっと同じようにしてくれるでしょう。愛猫が心を許している証拠です。

一瞬のことではありますが、なんだか至福のときだと筆者は感じます。ただやりすぎは感染症の危険もありますので、程度をわきまえて行っていきましょう。

5.お腹を見せてくる

お腹を見せる猫

大事なお腹を見せてくるということは、かなり仲がよくないと見られない行動です。猫にとって急所なので、「この人ならあぶなくにゃい」と思っていないと無防備に見せるということはありません。

ですから愛猫がお腹を見せているときは、全幅の信頼をおいていると思ってよいでしょう。ただ、見せているからといって触ってほしいわけではないようです。うっかり手を伸ばして引っかかれることのないよう、ご注意ください。

まとめ

モコちゃん
愛猫の仕草や行動で、飼い主さんにどれだけ親しみを感じているかが分かります。猫に心を許してもらえたら嬉しいですね!強固な信頼関係を築けば、無防備な姿を見せてくれるハズ。

猫となかよしになれるよう、日々精進していきましょう!

スポンサーリンク