猫から避けられがちな人がしている5つのタブー行為

猫から避けられがちな人がしている5つのタブー行為

猫と仲良くなりたいのに、なぜかいつも避けられてしまう…。そんなときはもしかしたら気づかずにタブーな行為をしてしまっているのかもしれません。早速チェックしてみてください。

2377view

1.追いかけまわす

走り去る猫

かわいい猫と触れ合いからといって、追いかけまわすのは最悪といってもよい行為でしょう。仲良くなりたいのなら、してはいけません。猫は近づいてこられるよりも、自分から近づく方が好きだからです。

マイペースな生き物なので、そのペースを崩さないようにしてあげてください。追いかけたいのをグッとこらえ、猫から近づいてくるまで待ってみましょう。そうすれば、仲良くなるための入り口に近づけます。

もし近寄ってきても、すぐには触れないようにすること。まだ警戒中の猫はサッと逃げてしまうでしょう。まず指をかいでもらい、猫がスリっとしてくれたらそこで初めてなでてみてください。

猫と仲良くなるには、忍耐が必要な場合があると知っておくと、ヤキモキせずにすむでしょう。

2.大きな声を出す

大声

猫は怖がりなので大きな音が苦手です。そのため「かわいい〜!」などと大声を出して近づくと、いちもくさんに逃げてしまうでしょう。猫にとっては恐怖でしかないからです。

もし猫と仲良くなりたければ、なるべく静かにしていましょう。そのうち危険はないと判断し、近づいてきてくれるはず。もし近づいてきてくれなくても焦りは禁物です。

猫の性格によりますが、警戒心が強い猫の場合はゆっくりと時間をかけて仲を深めていきましょう。

3.かまいすぎ

きょとん顔の猫

かわいい猫と触れ合いたいと、ついついかまいすぎてしまうことがあります。人はそれでもよいかもしれませんが、猫は違います。もちろんイチャイチャしたい気分のときは問題ないのです。

でも1匹でいたければ、負担に感じてしまうでしょう。猫は気持ちの切り替えが早いため、今までイチャイチャしていても次の瞬間には「もういやにゃ!」となっているかもしれません。

もうすでに猫の気持ちは切り替わっているのにいつまでも触っていたら嫌がられてしまいます。一度や二度ならまだしも、それが積み重なるとそのうち避けられるようになってしまうかも。ちょっと理不尽ともいえる点ではありますが、猫の気持ちを重視してあげましょう。

4.ニオイをぷんぷんさせる

不満げな猫

ニオイといっても、猫が好きなニオイならよいのです。問題は、香水やタバコなど。猫は苦手です。

そんなニオイがぷんぷんしている人には近づきたくなくなるでしょう。もし昨日までは問題なかったのに今日になったら態度がよそよそしくなっていたら、ご自身を振り返ってみてください。

猫が嫌がるニオイをぷんぷんさせてしまっているかもしれません。

5.じっと目を見つめる

見つめすぎ

人の場合はじっと目を見つめると好意的なコミュニケーションにつながる場合が多いですが、猫は逆です。特にまだ仲の深まっていない猫の目を見つめるのは「ケンカを売っている」ととられてしまいます。ご注意ください。

そうはいっても猫の目はキレイなので、思わず見とれてしまうこともあるでしょう。もし目がバッチリとあってしまったら、サッと視線をそらせばOKです。敵意はないと伝えられます。

余裕があればゆっくりとまばたきしてみてください。そうすれば敵意どころか、好意があると伝えられます。とても有効なコミュニケーション法なので、ぜひご活用ください。

まとめ

去っていく猫

多くの猫好きさんがその気持ちが溢れかえりすぎて、猫に避けられる行動をとってしまいがちです。もちろん愛情表現するのは悪いことではありませんが、まずは猫の気持ちを1番に考えてみましょう。そこを大切にすればきっと猫に伝わり、近づいてきてくれるはずです!

スポンサーリンク