猫がよくみせる『トイレへのこだわり』4つ

猫がよくみせる『トイレへのこだわり』4つ

猫は、とても綺麗好きな動物。そして、意外なほどトイレに対して強いこだわりを持っています。猫がトイレに入る姿は見慣れた光景ですが、じっと観察してみると、こだわりを感じることができるでしょう。今回は、猫が見せるトイレへのこだわりをご紹介します。

1109view

1.匂いを嗅ぐ

匂いを嗅ぐ猫

猫がクンクンと匂いを嗅ぐ姿をよく見かけますよね。

猫は優れた嗅覚で匂いを嗅ぎ分け、安全であるかを確認しています。

トイレでも念入りに匂いを嗅いでから、排泄をすることが多いでしょう。

自分の匂いであることを確認し、安心してから排泄をするのです。

トイレを買い替えたときは、排泄物の匂いがついた砂を入れてあげると安心できるでしょう。

2.排泄前に砂をかく

砂をかく猫

排泄し終わると、排泄物に砂をかける仕草をしますよね。

それだけではなく、排泄前にも砂をかくことがあります。

これは、野生時代の名残りで、外敵に自分の存在を悟られないよう、自分の匂いを消しているのです。

砂をかき、穴を掘って排泄をするのは、そのときの習性が強く残っていると言えます。

猫が思う存分砂をかけられるよう、砂は深めに入れてあげましょう。

3.方向転換する

トイレの中の猫

トイレに入った途端、何度も方向転換している姿を見たことはありませんか?

砂をかき、方向転換し…を何度か繰り返すこともあります。

これは落ち着ける体勢を整えているのでしょう。

猫がゆったりと方向転換できるよう、トイレは猫の体長の1.5倍程のゆとりのある大きさを選ぶと、猫も快適です。

4.汚れていたらしない

トイレの前に座る猫

猫は大の綺麗好き。トイレが汚れていると、我慢してしまうほどです。

我が家の猫は、汚れていると「今からするから掃除して!」と鳴いて訴えてきます。排泄を我慢すると、病気にも繋がります。

トイレはこまめに掃除し、清潔を保つよう心がけましょう。

まとめ

トイレの中の猫

いかがでしたか?

猫のトイレへのこだわりは本能や習性によるもの。

猫は元々広い砂場や枯れ葉のある場所で排泄し、排泄物を隠していました。

飼い主さんは、猫の「トイレへのこだわり」を理解し、快適に排泄できるようしっかり準備してあげましょう!

スポンサーリンク