猫が飼い主を『待ち伏せするとき』の気持ち5つ

猫が飼い主を『待ち伏せするとき』の気持ち5つ

なんとなく視線を感じるけれど、当の愛猫の姿は見えない…。家の中を歩いていたら、急に何かが接近してきた!などの怪奇現象が起きたことはありませんか?それは猫の「待ち伏せ」かもしれません。なぜ飼い主さんを待ち伏せするのでしょうか?

1123view

1.じゃれたい

隠れている猫

飼い主さんと遊びたいのでしょう。待ち伏せして、遊んでもらえるのを心待ちにしているのです。愛猫が物陰から飛び出してきたら、相手にしてあげるとよろこぶでしょう。

反対に気がつかれなかったりスルーされてしまったりしたら、がっかりしていじけてしまうかもしれません。じゃれてあげられるよう、心の余裕を持っておきたいものです。

2.狩りの練習

鋭い目の猫

飼い主さんを獲物に見立てて、狩りの練習をしていることも。動く足が狩りの対象に見えるようなのです。これは猫の本能ですから、しかたありません。

さすがに自分より何倍も大きな飼い主さんを狩ることはできないでしょうから、思う存分練習させてあげるとよいのではないでしょうか?

3.甘えたい

隠れているつもりの猫

甘えたくて待ち伏せする場合も。飼い主さんが来たタイミングで出てくるのです。かまって欲しいのでしょう。

以前に待ち伏せをしたとき、飼い主さんがたくさんかまってくれたのかもしれません。それがうれしくて何度もくり返している可能性も。一度味を占めるとやみつきになってしまうようです。

みごとに待ち伏せにハマってしまう猫もいます。日課のように、定位置で飼い主さんを待ち伏せしては、驚かせているのです。もちろんそれがわかっている飼い主さんは、愛猫に付き合ってあげているのですが…。

そんなコミュニケーションも、楽しいひとときですね!

4.大好きだから

ストーニャー

飼い主さんのことが大好きすぎて、待ち伏せする場合もあるよう。甘えん坊の猫に多そうな行動です。

愛猫はどこに行くにも後をついてくるタイプですか?もしそうなら、待ち伏せもよくしているのでは。お風呂やトイレから出たときにそこにいたら、飼い主さんを待ち伏せしていたのでしょう。

5.趣味♡

かくれんぼ

待ち伏せが趣味になってしまっている猫もいるようです。ものかげに隠れては飼い主さんが通りかかるのを待ち…。いざチャンスがきたら、前足を伸ばしてつかみかかるなどの行動に出るようです。

確保した猫は楽しいでしょうが、確保された飼い主にしたら忙しいときはちょっと迷惑かもしれません。でもあのかわいい顔を見たら、どの飼い主さんも怒れなくなってしまうことでしょう。

最近愛猫がよく隠れているという場合、もしかすると待ち伏せをしていて、飼い主さんを確保する機会を狙っているのかも?

まとめ

リクくん

猫が飼い主さんを待ち伏せするときは、どうも「かまってほしい」「遊びたい」などの気持ちが大きいようです。本気で狩りの練習をしているとも考えられますが、その場合は飛びかかってくる力がハンパではないでしょう。どうか愛猫に狩られないよう、ご注意ください。

スポンサーリンク