猫にとって『住み心地の良い部屋』の条件3つ!今すぐできる工夫とは?

猫にとって『住み心地の良い部屋』の条件3つ!今すぐできる工夫とは?

人間にとって心地よい部屋だったとしても、それが猫にとっても心地よい…とは限りません。人間が求める「住み心地の良い部屋」と猫が求める「住み心地の良い部屋」は、共通している部分もありますが、そうではない部分もあるのです。そこで本記事では、猫にとって住み心地の良い部屋について解説をしてまいります。

982view

猫はどんな部屋を「快適」と感じるの?

窓の外を見つめる猫

飼い主さんと一緒に暮らすお部屋は、その猫にとって「世界のすべて」といっても過言ではありません。

特に、完全室内飼いをしている猫であれば、基本的に外の世界に出ることはないため、部屋の環境は猫にとってかなり重要といえるでしょう。

一体どのような部屋の環境であれば、猫は「快適」と感じてくれるようになるのか。反対にどのような環境だと猫は不快に感じてしまうのか。

本記事で、猫にとってベストな部屋の環境について詳しく解説してまいります。

1.ひとりきりになれる空間がある

猫用ハウスで隠れる猫

飼い主さんに甘えたりする一方で、「ひとりの時間」を大事にする猫は非常にたくさんいます。

大好きな飼い主さんにさえ干渉されない「ひとりきりになれる空間」を求める子はとっても多いのです。

そのため、ひとりきりになれる猫用ハウスや、暗くて静かな家具の隙間、押入れやクローゼットの中に入り込める環境を用意してあげるのが好ましいといえるでしょう。

ひとりきりになれる空間を用意してあげることによって、猫は安心感を得やすくなりますし、びっくりすることがあった時やイライラしている時などでもひとりきりになって、心を落ち着かせることができるので、精神衛生的にもおすすめなのです。

2.静かで大きな物音がしない環境が整っている

猫の耳

猫は音に対して非常に敏感です。特に大きな物音や大声などを苦手とする猫はたくさんいるため、猫と暮らすのであればできるだけ静かな環境を整えてあげるのが好ましいといえるでしょう。

防音性のある猫用ハウスを準備してあげたり、外から聞こえる騒音でびっくりしないように窓を閉めてあげる…といった配慮をするだけでも変わってくるので、猫が音に対してストレスを抱えているようであればぜひ工夫をしてみてはいかがでしょうか。

3.室内でも運動できる環境がある

キャットタワーでまったりする猫

完全室内飼いの猫の場合、室内である程度動き回れるような環境が整っていないと、運動不足に陥ってしまう可能性があります。なので可能な限り、猫が思いっきり運動できる環境を用意してあげましょう。

ペットショップなどに売っているキャットタワーを設置してあげたり、猫用のおもちゃで毎日適度に運動させてあげるのがおすすめの対策といえます。

まとめ

机のうえでくつろぐ猫

猫にとって心地よい部屋づくりをすれば、猫がストレスを溜め込みにくくなったり、健康にも良い影響を及ぼす可能性があります。

猫が少しでも快適に過ごせるように、ぜひ猫の生活や習性に寄り添った部屋づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク