『猫を幸せにする』ためにすべき3つの飼い方

『猫を幸せにする』ためにすべき3つの飼い方

愛猫を幸せにしてあげるには、どのようなことに気を配れば良いのでしょうか?今回は、猫にとっての幸せな暮らしについて考えていきたいと思います。

3349view

猫にとって幸せな暮らしとは?

顎乗せする猫

家猫にとって幸せな暮らしとはどのようなものなのでしょうか。愛猫の幸せを願うのは、全ての飼い主さん共通の思いでしょう。

本音は猫に直接聞かなければ分かりませんが、仕草や行動から「幸せな生活」について考えてみたいと思います。

1.室内に縄張りがある

猫は縄張り意識を持った動物です。家庭内に自分の縄張りがあることで、落ち着いた生活を送ることができます。

ある程度自由にできる部屋や場所を用意してあげましょう。パトロールも日課になるため、好きなタイミングで動き回れる場所が理想的です。

2.猫の習性を尊重する

パトロールもそうですが、猫にはいくつか大切な習性があります。爪を研ぐ行動やじゃれて遊ぶこと、多くの時間を睡眠に費やすことなどが挙げられます。

爪研ぎや、狩猟本能を満たしてくれるおもちゃは必須アイテムです。これらを揃えることでいたずら防止になります。尚、破壊されては困るものは必ず戸棚に入れましょう。

そして、睡眠の邪魔をしないことも重要です。どこでもヘソ天して寝る猫は、それだけ家庭が寛げる場所ということになります。(性格的なものもあります)

このように、猫の習性を尊重することも幸せな暮らしにつながります。

3.部屋やトイレが常に清潔である

猫はとても綺麗好きです。特に猫用トイレはこまめに掃除してあげてください。時間的に厳しい場合は、数を増やして対応しましょう。

愛猫の生活拠点になる部屋も、清潔感を保つように心がけてください。猫は地面に近い場所で生活しています。アレルギーやウイルス対策も兼ねて、掃除に力を入れてあげましょう。

完全室内飼育って幸せなの?

寝転がる猫

かつての猫は自由に外出していました。その時代を知る人は、完全室内飼育にジレンマを抱くかもしれません。

これもやはり、猫本人でなければ本当に幸せなのかは分かりません。ただ、完全室内飼育は猫にとって次のようなメリットがあります。

不要な縄張り争いに巻き込まれない

同居人が人間のみの場合、ある意味では一人天下の状況です。好きな場所で眠り、お気に入りのものを独り占めすることができます。

外の世界では縄張り争いがあるため、そのような生活は不可能です。常にアンテナを張り巡らせて生きなければならなくなります。

交通事故に遭わない

室内のみの生活では、交通事故に遭うリスクがなくなります。悲しい別れを経験しないためにも、脱走しないように戸締りに気をつけてください。

外の世界を知らない猫は家が平和

窓で遊ぶ猫

外の世界を全く知らない猫は、家の中が平和です。また、外で怖い思いをした猫も室内が安全基地だと感じています。

窓際で過ごす行動は、外出願望によるものではありません。日向ぼっこを楽しんだり、縄張りを守るための日課です。誤解から外に出すことは控えましょう。

まとめ

ハグされる猫

寛げる場所があり、狩猟本能を満たしながらお腹いっぱいに食べられること。これらを満たしてくれる生活は、猫にとって幸せなのではないでしょうか。

そして、ツンデレな性格をありのままに受け入れてくれる飼い主さんの存在も大きいでしょう。猫は案外、完全室内飼育という環境にも慣れてしまいます。

猫の心を満たす、楽しい環境を整えてあげたいですね。

スポンサーリンク