猫の『ストレスレベル』がわかるチェック項目5つ!飼い主がすべき対策方法とは?

猫の『ストレスレベル』がわかるチェック項目5つ!飼い主がすべき対策方法とは?

猫の行動でどの程度のストレスを感じているかがわかります。どの程度なのかしっかりとチェックしてあげてください。そして愛猫がストレスをためているとわかったとき、飼い主さんはどのような対策をすればよいのでしょうか?

1318view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.毛づくろいや爪とぎ

毛づくろい

猫が日常的に行っている毛づくろいや爪とぎは、ただ体のお手入れという意味だけでなくストレス解消時にもおこないます。遊んでいるときに興奮しすぎてしまった、何か嫌なことがあってイラッとした場合などに落ちつかせる効果があります。

猫をよく観察していると、その様子が見られます。飼い主さんがおもちゃを動かしているとき、とつぜん体をペロペロしだしませんか?または他の猫に絡まれたときや歯みがきなどをされたときにすぐ爪とぎに向かわないでしょうか?

そんなシーンで猫は、ストレスを解消しているのです。このときのストレスレベルは軽めとみてよいでしょう。

2.八つ当たり

やりあう猫たち

イライラしているとつい、人に当たってしまうことがあります。本来ならばやるべきことではありませんが…。実は猫も同じように八つ当たりする場合があります。

他の猫や飼い主さんに向かって飛びかかったり猫パンチをしたり。いわれのない攻撃を受けたときは八つ当たりかもしれません。そこまで本気で攻めてはこないでしょうが、くれぐれもケガには気をつけたいところです。

ストレスレベルは軽度ですが、あまりに頻繁に八つ当たりをしているようなら、強めのストレスを感じているかもしれません。原因をつきとめ、解消するようにしてあげてください。

3.真空行動

走る猫

「真空行動」とは、とくに何も刺激がないのに突然走り回ったり、空中に飛びかかったりすることです。夜の運動会はこの真空行動にあたります。たまったエネルギーを発散させるために起こるのです。

愛猫がもし突然ドタバタしだしたら、真空行動と思ってよいでしょう。エネルギーがありあまった状態ですので、飼い主さんが一緒に遊んで発散させてあげてください。

ストレスレベルは中程度です。もし解消されないと異常行動につながっていてしまいますので、早めに対処しましょう。

4.常同行動

ウロウロする猫

常同行動とは、ストレスレベルが高度な異常行動の1つです。特に目的がないのに、同じ行動をずっと繰り返します。

たとえば、過剰な毛づくろい。猫が毛づくろいをするのは普通のことですが、それを長時間している場合は注意した方がよいでしょう。同じ場所ばかりを舐めるため、ハゲてしまうことも。とはいえ、本当にストレスで過剰なグルーミング子は全体の1割程度と言われています。

毛をむしったり噛んだりするかもしれませんし。自傷行為につながってしまいますので、愛猫の行動には注意しておきましょう。

また、同じ場所をずっとウロウロする場合も。不安を感じていますので、何が原因なのかを探ってあげてください。

5.変則行動

手をなめる猫

猫が普段はしない行動をしてしまう「変則行動」はかなりのストレス感じている行動です。たとえば、片足をあげて用を足す、手を噛むなど。何か愛猫がおかしな行動をしていると思ったら、注意しましょう。

どんなストレスがあるのかを考えてあげてください。原因としては他の猫の存在や大きな音などがあげられます。とても繊細な生き物ですので、ストレスによって体調を崩さないようにしてあげましょう。

まとめ

ぐったりする猫

猫は態度や行動でストレス状態を知らせてくれています。それに気がついてあげられるかどうかは飼い主さん次第です。猫が出しているサインを見逃してしまったら、ストレスによって病気にさせてしまうかもしれません。

十分気をつけてあげてください。

スポンサーリンク