猫が『膝に乗りたくなる人』に共通すること4つ

猫が『膝に乗りたくなる人』に共通すること4つ

猫が膝に乗ってきて動けなくて困った!と思いながらも、飼い主にとっては至福のひとときですよね。しかし、全ての猫が膝に乗るわけではなく、乗りたがらない猫もいるのが事実です。そもそも猫にとって膝の上は、不安定で決して居心地が良い場所とは言えないでしょう。それでも猫が、思わず膝に乗りたくなる人には共通点があります。いったいどのような人なのか4つご紹介します。

3032view

1.動作が落ち着いている人

膝の上に乗る猫

猫は警戒心がとても強い動物です。そのため、バタバタと動作が激しかったり、大きな音を出す人を警戒します。

反対に、動作が静かで落ち着いている人には安心感を抱きます。

猫が膝に乗るのは、まさに安心出来る人。「この人は安心出来ない!」と感じたら、自分から膝に乗ることはないでしょう。

猫が膝に乗ってくれない…と嘆いている方は、自身の動作を振り返ってみて下さいね。

2.暖かい人

抱っこされる猫

猫は元々、砂漠地帯で暮らしていたため、寒さには苦手な猫が多いようです。

そのため、寒い季節はより暖かい場所を求めて移動を繰り返します。

体温が高めの人や、暖かい洋服を着ている人の元へ行き、暖をとることがあります。

また、猫はフワフワの柔らかい素材を好みます。

寒い季節は、足元に柔らかい膝掛けや毛布をかけていると、猫が膝の上に乗ってきてくれるかもしれません。

3.甘えさせてくれる人

マッサージされる猫

猫は子猫時代、母猫の暖かくて柔らかなお腹に包まれて眠ります。

家の中で暮らすようになっても、飼い主を母猫のように慕い、甘えるのです。

母猫のように安心して甘えられる人には、信頼を寄せ、膝に乗ることがあるでしょう。

膝に乗ってきたら、頭を撫でたり、優しく声をかけてあげましょうね。

4.無理強いをしない人

抱っこされる猫

自由気ままに過ごすのが猫。自分の意思に反して拘束されるのを嫌がります。

嫌がっているのに無理やり膝に乗せるのは禁物です。

決して無理強いはせず、猫が自分から膝に乗ってくるのを待ちましょう。

まとめ

気持ちよさそうな猫

いかがでしたか?猫は自分の気持ちで行動する動物。飼い主の思い通りにはならないことを覚えておきましょう。

しかしながら、どうしても膝に乗ってほしい!と思う方は、上記を参考にしてみて下さいね。

愛猫が安心して体を委ねられる飼い主を目指しましょう!

スポンサーリンク