猫が頻繁にトイレに行く5つの原因と対処法

猫が頻繁にトイレに行く5つの原因と対処法

さっきもトイレに行ったのに、また入っている…。そんな愛猫の行動が気になったことはありませんか?もしかしたらトイレに行く回数が増えるような原因があるのかもしれません。ひょっとしたら重大な病気を抱えているかも。チェックしていきましょう!

355view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.泌尿器症候群

トイレットペーパーをかぶる猫

猫がやたらとトイレに行く場合は「泌尿器症候群(FUS)」が考えられます。膀胱炎、尿道結石症、尿道炎、尿道栓が該当する病気です。この病気にかかるのは、ほとんどがオス猫。

なぜならメス猫よりもオス猫の方が尿道が細いために詰まりやすかったり炎症を起こしやすかったりするからです。排尿が全くできず急性腎不全から尿毒症を引き起こすと、2日以内に死亡してしまう大変危険な状態になります。普段の特にオス猫の排泄の様子には注意を払ってみておきましょう。

2.慢性腎臓病

トイレに座る猫

元々猫は慢性腎臓病になりやすい動物です。腎臓の機能が低下してくると、飲む水の量と尿の量が増える「多飲多尿」という症状が出てきます。慢性腎臓病は年を重ねるごとにかかりやすくなりますので、予防には定期的な健診が有効です。

愛猫が7歳以上になったら、半年に1度程度受けるようにするとよいでしょう。毎日飲む水や尿の量を把握しておくことも大切です。しっかりとチェックしておきましょう。

3.甲状腺機能亢進症

トイレから出てくる猫

「甲状腺機能亢進症」は、猫がシニアになると発症しやすい病気です。甲状腺とは代謝に関わるホルモンの分泌に関わる器官。

甲状腺機能亢進症になるとやたらと活発になり食欲が増し、多飲多尿になります。ホルモンの分泌が増えるからです。代謝が増すためたくさん食べますが、痩せるという不思議な現象が起きます。

突然愛猫が元気になったと思ったら注意してください。症状が進むと元気と食欲がなくなり、嘔吐や下痢を繰り返すようになります。肥大型心筋症や腎不全になっている場合も多いので、早急に動物病院へ向かいましょう。

4.糖尿病

トイレに入っている猫

200頭に1匹の割合で発生するといわれている猫の糖尿病。尿の量や回数が増えるのが主な症状です。7歳以上になるとかかる可能性が高まるので注意してください。

糖尿病になる原因は肥満や炎症があげられます。愛猫の体重管理をしっかりと行ってあげましょう。太り気味の猫が多飲多尿になったら糖尿病の可能性があります。

すぐに動物病院を受診するようにしてください。

5.巨大結腸症

こちらをのぞきこむ猫

巨大結腸症とは便秘によって結腸が広がってしまい、さらにひどい便秘に悩まされる病気です。たかが便秘とあなどることなかれ。お腹の中に便がたまりすぎると、命に関わる場合があります。

猫は便秘になりやすいため、繊維質をとるようにしたりストレスを少なくしたりして改善を目指しましょう。愛猫が便秘ぎみという場合はかかりつけ医に相談してください。

猫自身もなかなか便が出ずに苦しい思いをするでしょうから、早めに改善してあげましょう。便秘で一度結腸が広がってしまうと元には戻らない場合が多いです。巨大結腸症は根治が難しい病気ですので、なるべくならないように注意してあげましょう。

まとめ

トイレ中

排泄物があれば1日に何回愛猫がトイレに行ったかを把握することができますが…。病気の場合はトイレに入っても出ない場合があります。もし日中留守にすることが多くてなかなか愛猫がトイレに行く回数を把握できないという場合は、デジタル式の猫の行動を記録してくれる首輪を活用するとよいでしょう。

便利な猫用グッズを使い、健康管理を行ってあげてください。

スポンサーリンク