猫から『尊敬される飼い主』に共通すること3つ

猫から『尊敬される飼い主』に共通すること3つ

猫と人間の間に主従関係は存在しないと言われています。けれども猫は、ひっそりと飼い主さんを尊敬していることもあるんです!本記事では愛猫から尊敬される飼い主さんの共通点についてご紹介したいと思います。

2593view

1.ご飯やトイレなどの世話を欠かさない

猫トイレ

猫にとって生活に必要なことと言えばトイレ掃除やご飯をあげることが基本ですよね。それらのお世話を率先してやってくれる飼い主さんは猫にとって尊敬に値するようです。

こういった日常において大切なお世話をその日の気分でやったりやらなかったりする人は、猫から見ても「ちょっと…」といった感じなのかも知れません。やはり猫もいつもお世話をしてくれる人を尊敬するんですね。

猫と仲良くなるにはご飯係をすると良い、という話もよく聞きます。生きるために必要なお世話をしてくれる人のことを猫も頼りにしてくれる、といった意味でしょうか。

2.猫の気持ちを尊重する

キスを拒否する猫

こちらが猫と遊ぼうと思った時には知らん顔。でも忙しくし始めると途端に「かまって!」と鳴き始める。そういった経験がある方も多いのではないでしょうか。

ですがこういったことが起きるのが猫との生活です。大げさではなく飼い主さんがどれだけ「猫中心の生活」をできるかによって猫からの尊敬の度合いも変わってきます。

猫の気持ちを尊重しつつ猫のペースで生活できる人こそが、猫から尊敬される飼い主さんになれるのだと言えると思います。

3.嫌なことをしない

シャンプー

猫はストレスに弱い生き物です。そのため普段からできるだけ猫にストレスを与えないように生活しなければなりません。

大きな音や声を苦手とする猫は多いため逃げる猫を追いかけて捕まえたり、無理やり抱っこしたりといった「嫌なこと」をしない飼い主さんが猫としても安心できるのでしょう。

ただし爪切りやシャンプーといった猫にとって必要なケアに限っては嫌がってもしなければいけませんが、なるべく短時間で終わらせられるように飼い主さんも努力してあげるようにしましょう。

まとめ

幸せな関係

猫は自分に尽くしてくれる飼い主さんのことが大好きです。ただし生後間もないうちに迎えられた猫であれば尽くしてくれる人よりも「母猫のような存在の人」を頼りにする傾向があるかも知れません。

我が家の3匹の猫たちも筆者のことを同じように慕ってくれてはいますが、やはり物心がつかないうちに迎えた子は生後3ヵ月まで母猫と一緒に暮らしていた子とは違って筆者のことを母猫のように見てくれているようです。

愛猫から尊敬される…とまでは行かなくても、愛猫と一緒に楽しく暮らして行けたらそれが一番幸せなのではないかと思います。

スポンサーリンク