猫が『ジャンプ』に失敗してしまう3つの要因

猫が『ジャンプ』に失敗してしまう3つの要因

いつもは華麗にジャンプする猫の失敗を見たことがありますか?猫は大変に慎重で、身体の様々なセンサーで危険なことや距離感を測っています。運動能力の高い猫が、なぜ成功できないことがあるのか見てみましょう。

647view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.加齢による運動能力の低下

ひょうきんな雰囲気の猫

猫にも加齢現象があり、シニア期に入り始めるとジャンプを失敗してしまうことがあります。

人間と同じく、猫も中年期から老齢期にさしかかると身体の自由があまりきかなくなります。

今まで普通にできたことでも、時間がかかったりできなくなったりします。

猫自身も加齢を自覚できないことがあります。そのような場合は、ハードな運動であるジャンプなどを失敗してしまいます。

走らなくなったり、トイレの段差に苦労したりする様子が見られる時は運動機能の低下が考えられます。猫の動線にある高さを調節したり、途中に段差を作ってあげましょう。

2.怪我や骨折などの影響

飛び上がる猫

猫は知らない間に怪我をして、ジャンプを失敗してしまうことがあります。

人間の生活スペースは、自然界にはない猫にとって不自由な環境が多くあります。

例えば、滑りやすい床のフローリングやツルツルした棚、爪のひっかりやすいカーペットなどです。このような場所で、猫は軽度の骨折や捻挫をしてしまい、気がつかないうちに治っていることもあります。

症状が軽度の場合にはなかなか気づくことはできませんが、足をひきずったりかばっている場合は悪化している危険性があります。病院を受診して治療してくださいね。

3.関節炎などの病気のため

タワーを除く猫

関節炎にかかっていると高さのあるジャンプができなくなる場合があります。

身体を曲げづらいために、毛づくろいをしなくなったりします。そして痛みのせいで怒りっぽくなるともあります。

猫では一般的に「変形性関節症」がよく見られるようです。また、マンチカンやスコティッシュフォールドのように手足が短い猫種では、若齢から「骨軟骨異形成症」を原因とした関節炎を起こすことがあります。

ジャンプができなくなったり猫の動きにぎこちなさを感じる時は、病院を受診してください。

まとめ

空中で浮いている猫

猫が『ジャンプ』に失敗してしまう3つの要因についてお伝えいたしました。

猫の能力は高く、助走なしでおおよそ150cm跳躍できます。実は、台所やテーブルくらいの高さは朝飯前に登れてしまいます。

生まれつき手足が短い猫種ではジャンプが苦手な子もいますが、ジャンプが得意だった子でも、ジャンプができなくなる日は、いずれやってきます。ただし猫が失敗をした瞬間、絶対に笑ってはいけません。猫は大変にプライドの高い動物ですから傷ついてしまいますよ。

見てみないふりをして、猫が使いやすく怪我をしないように環境を整えてあげてくださいね!

スポンサーリンク