猫の『態度が急変する』3つの要因と対処法

猫の『態度が急変する』3つの要因と対処法

先程までゴロゴロ鳴らしながら懐いていた猫が、急にそっぽを向くことがあります。これは猫を飼っているとよくある事です。今回はこの現象の理由について紹介します。

487view

SupervisorImage

記事の監修

北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。

猫の態度の急変

見つめる猫

猫は毎日お世話をしてくれる飼い主のことを好きになってくれることが多いです。しかし猫は気まぐれな動物でもありますので、急に態度を変えて冷たくなることもあります。

昨日はあんなに懐いていたのに今日はどこか冷たいなんてこともよくあることなのです。

飼い主にとっては困惑してしまうこの現象ですが、その理由についてまとめてみました。

猫の性格にもよるのでケースバイケースですが、理由に関して知っておくとなんとなく心当たりを探ることができます。

また対処法にもつながりやすいので、ぜひ参考にしていただければと思います。

1.触ってほしくないところを触る

お腹を見せる猫

猫の体に触れることは飼い主とのスキンシップでもあります。しかし、猫によって触って欲しいポイントとそうではないポイントがあります。

一般的には頭や背中、あごの下などを触ってあげると気持ちよくなる子が多いです。

しかし、お腹や尻尾の付け根といった部分は嫌がる猫は多いので、そうとは知らずにしつこく触ってしまうと態度の急変につながってしまうかもしれません。

愛猫のお気に入りのポイントと嫌なポイントをきちんと見定めましょう。そして嫌なことはしない、触らないが大切です。

2.飽きてしまった

ぼーっとしている猫

いつも大好きな抱き方の抱っこもある日突然飽きてしまうことがあります。それは毎日遊んでいるおもちゃにも同じことが言えます。

興味あるものに熱が冷めてしまったという現象です。人間でも同じことがありますよね。

食いつきの良かった遊び方もある日突然見向きもしなくなるなんてことはあります。

同じおもちゃでも遊び方を変えるだけでまた遊んでくれるようになったりしますので、考えてみましょう。

3.ヤキモチを妬く

覗き込む猫

猫カフェやペットショップなどで、他の猫の匂いをつけたままではないでしょうか。

実は猫は嗅覚が鋭いので、他の猫の匂いが分かってしまいます。ヤキモチの気持ちから飼い主に対して冷たい態度になっている可能性があります。

猫はテリトリーを大切にする生き物ですので、他の匂いに敏感です。それは猫だけでなく犬の匂いなども分かってしまいます。

飼い主はなるべく他の動物に触らないで済むなら触らずに、愛猫へのスキンシップを図るようにしましょう。

まとめ

不機嫌でイカ耳の猫

愛猫から突然態度を変えられた時、もしかすると無意識に飼い主は猫の地雷ポイントを踏んでしまったのかもしれません。

猫なりに理由があってこそのものなので、びっくりせずに落ち着いて理由を考えてみましょう。

または時間を置くことでそのまま改善されることも多いです。

スポンサーリンク