猫が『頼りたくなる飼い主』の共通点3つ

猫が『頼りたくなる飼い主』の共通点3つ

猫はマイペースだから人間なんて頼らない…ということはありません。外で生活する猫とは違い、飼い猫は生活の大部分を飼い主さんに委ねることになります。そんな猫たちが「頼りたくなる飼い主さん」とはどんな人物なのでしょうか?本記事では猫が安心して頼れるる飼い主さんの共通点についてご紹介したいと思います。

1895view

1.お世話をしてくれる

ブラッシングされる猫

外で生活する猫は身の回りのことを全て自分でしなければいけません。ですが家で飼われている猫はそのお世話全部を飼い主さんに委ねることになります。

そのため日頃のエサの準備やトイレの掃除といった「生活に不可欠なこと」から猫が遊びに誘ってきた時には一緒に遊んであげるなど、色々な面でのお世話やケアをこまめにしてくれる飼い主さんは猫にとって頼れる存在です。

爪切りやシャンプーといった猫にとって嫌なことをされた時には一時的に不機嫌になったり飼い主さんを避けてしまうこともありますが、信頼関係をしっかりと結べているならそのまま愛猫に嫌われてしまう心配はありませんよ。

2.気持ちを理解しようとしてくれる

飼い主と遊ぶ猫

猫も生き物ですからもちろん我々人間と同じように感情があります。そして前述の通り飼い猫は生活する上で人間が全ての世話をしなければいけません。

飼い主さんを頼りにしている猫は、飼い主さんが自分の表情や仕草などから今何をして欲しいと思っているのか察してくれることを知っています。そしてそういった日々の積み重ねが信頼関係を築くことにもなります。

仕草や鳴き声などから愛猫が訴えていることを汲み取って適切なお世話などをしてあげられる飼い主さんは、まさに猫にとって「頼りたくなる飼い主」であると言えるでしょう。

3.猫のペースに合わせてくれる

構われたい猫

これも猫から信頼される上では大切なことです。飼い主さんが愛猫を抱きたい時や撫でたい時に愛猫がそんな気分ではなかったとしたら、どのように行動したらいいのでしょうか。

愛猫が構って欲しい気分になるまではそっとしておき、愛猫のほうから近づいてきた時に構ってあげるのが一番良いんです。これが「猫のペースに合わせる」ということですね。

構われたくない時に無理やり構われると猫は怒ってしまい、そういったことが続くと不信感を持ってしまう可能性もあります。愛猫が求めてきた時にしっかりとスキンシップを取ってあげることが大切なのだと思います。

まとめ

飼い主が大好きな猫

猫が頼りたいと思える飼い主さんは小まめにお世話をしてくれて、愛猫の気持ちを理解しようとしてくれる人であると思われます。

この他にも「大きな音を立てない人」や「そっと話しかけてくれる人」など猫が大きい音や声、動きを怖いと思うという特徴を理解した上で怖がらせないように接してくれる飼い主さんのことも大好きです。

そういった飼い主さんには猫が自分のほうから頼ってくれたり、飼い主さんに寄り添おうとしてくれたりします。生活を共にしたその日から愛猫にはあなたしかいないのです。

良い関係を築いてお互いが最良のパートナーとなれるよう生活してみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク