猫が『好き』と感じた人だけに見せる仕草3つ

猫が『好き』と感じた人だけに見せる仕草3つ

猫にも好きだなと思う気持ちがあります。そんな人にだけ見せる特別なサインがあるのです。飼い主が知っておくともし見られた時に嬉しくなりますので、ぜひチェックしてみて下さい。

8716view

猫の「好き」

鼻チューしてる猫

猫にも感情がありますので、自身が好きと感じた相手にはその表現をするサインを出します。

そのサインを見ることができれば、友好的な関係を築きたいと思っていただいているので飼い主としても嬉しいと思われます。

愛猫と一緒に穏やかな生活を送るためにも、是非知っていただきたいサインです。

いくつか種類がありますのでこの記事でその一部を紹介していきます。

どれか一つでも見ることができれば、飼い主も感謝のお返しとして優しくお気に入りの場所を撫でてあげて下さい。

1.しっぽを立てる

しっぽを立てる猫

しっぽを垂直に立てながら飼い主の元にやってきたのであれば、それは好意の表現となります。

自然界の猫はしっぽを立てて歩くことを滅多にしません。しっぽを立てることで自分の姿が目立ってしまい、敵に見つかる確率が上がるからです。

にも関わらずしっぽを垂直に立てているのであれば、それは自身の存在をアピールしているのであり、「こちらに注目して欲しい」という表現になります。

親猫に向かって子猫がする表現と同じですので、飼い主のことを親猫のように信頼している証拠でもあります。

是非見かけることがあれば、忙しい時間帯だとしてもなるべく少しでもいいので構うように心がけましょう。

2.舐める

毛づくろいをする猫

猫にもし舐められることがあれば、それは好きの表現に当たります。

猫は舐める相手としては、親猫や兄弟猫など親密な関係の猫にしか舐めたりしません。

猫の舌は生きるために必要な大切な器官ですので、不用意に舐めてしまうと怪我をしたり傷をその部位におってしまう可能性が増えます。

そのため、舐める相手を限定しているのです。

もしその中に飼い主が混ざったのであれば、それは飼い主のことが好きで毛づくろいをしてあげているのだと思われます。

猫の被毛のお手入れは友好的な感情を表す手段としても使われていますので、それを飼い主相手にしているのだと考えられます。是非気が済むまで舐めさせてあげましょう。

3.お腹を見せる

お腹を見せる猫

いわゆる「ヘソ天」とも呼ばれるお腹を見せる行為は、愛情表現の一つと言われています。

お腹は猫にとって急所となります。野生の中で敵にこの部位を襲われてしまうと、致命傷にもなりかねません。そのため安心できる人にしか見せない行為なのです。

飼い主が見かけることがあれば信頼されている証拠ですので、優しく撫でてあげて嬉しい気持ちを伝えるようにしましょう。

まとめ

飼い主の指を舐める猫

猫の好きという表現は飼い主にとっても嬉しいものです。

ぜひ好意を受けたらこちらも行動や言葉で返してあげましょう。

猫には言葉が分からなくても、飼い主がどんな気持ちかはなんとなく理解できます。

スポンサーリンク