猫が飼い主に『激怒している』ときにする仕草5つ

猫が飼い主に『激怒している』ときにする仕草5つ

皆さんは愛猫に怒られたことはありませんか?いつもは愛くるしい猫が、飼い主さんに対して激怒することがあるかもしれません。激怒サインに気付かずにいると、猫がストレスを抱えてしまったり、飼い主さんとの信頼関係を壊してしまう可能性があります。猫が激怒しているときにどのような仕草をするのかを知っておきましょう。

2034view

1.「シャーッ!」と威嚇する

威嚇する猫

これが一番わかりやすい仕草かもしれません。

毛を逆立て、牙をむいて「シャーッ!」と相手を威嚇するような仕草をしたとき、猫は激怒しているときです。

無理に触ろうとしたり、声をかけると攻撃される可能性があります。

いつもの愛らしい猫に戻るまで、そっとしておきましょうね。

2.シッポを膨らませる

シッポが膨らむ猫

「猫の気持ちはシッポに表れる」と言われるほど、シッポを見れば気持ちを読み取ることができます。

猫がタヌキのようにシッポを膨らませたときは、激怒し威嚇しているときです。

少しでも体を大きく見せようと、シッポを膨らませ、毛を逆立てるのです。

3.唸る

怒る猫

態勢を低くし、「ウー」と唸ることがありますよね。

これも飼い主さんに対して、激怒しているサインです。

「もうやめてよ!」と訴えているのでしょう。

自分の身を守るために、声を出し威嚇しているのです。

4.耳を後ろにたおす

イカ耳の猫

猫が耳を後ろに倒しているのを見たことはありませんか?

「イカ耳」なんて呼ばれていますが、猫の耳は筋肉が発達しているため、上下左右、自由自在に動かすことができるのです。

警戒しているとき、怒っているときに猫は耳を後ろに倒し、イカ耳になります。

5.引っ掻く

前足を出す猫

飼い主さんの顔や手を引っ掻くのも、わかりやすい怒り方でしょう。

さらに、爪を立てている場合は激怒しているときです。

猫は危機感を感じたとき、自分の身を守るため本能的に相手を攻撃します。

引っ掻かれて怒鳴ったり、叩いたりするのは逆効果。さらに攻撃的になる可能性があるからです。

まとめ

怒る猫

いかがでしたか?

愛猫が激怒していたら、飼い主さんもビックリしてしまいますよね。

しかし、猫は理由もなく怒ることはありません。

飼い主さんが猫に対し嫌がることをしたり、恐怖心から威嚇している場合もあります。

激怒することは猫にとっても大きなストレスです。

愛する猫が穏やかに過ごせるように、ストレスの原因を取り除いてあげましょうね。

スポンサーリンク