猫が『じっと見つめてくる』ときの意味3つ

猫が『じっと見つめてくる』ときの意味3つ

猫が飼い主のことを「じっと見つめている」のであれば、何かしらの理由があることが多いです。その理由は状況によって様々です。ここでは代表的な理由をまとめてみましたので、ぜひチェックして下さい!

3157view

見つめる猫

見上げる猫

愛猫と一緒に暮らしていると、必ずといっていいほどじっと見つめられるシーンがあります。言葉が話せない猫は、自分の体を使って気持ちを表現します。

その中の一つに「じっと見つめる」ことも含まれています。「目は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、猫の視線は本当に力が込められていて、訴える圧が強い時もあります。

注意深く観察していると、普段の何気ない視線とは違うことに気づきますのでぜひチェックしてみて下さい。

そしてもし視線を感じることがあれば、一体どのようなことを訴えているのかも飼い主であればきになると思われます。

ここではその代表的なことをまとめてみましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

1.おねだり

おねだりする猫

一番多い理由かもしれませんが、猫はおねだりをしたいときにいつもお世話してくれる飼い主のことをじっと見つめる傾向があります。

例えばお腹が空いたときや一緒に遊んで欲しいときはより顕著です。

「いつもこの時間だとご飯が出てくるのに今日は出ない」と感じた時や、「通常だと遊んでくれたのに最近忙しそうで構ってくれない」など普段と違った状況に陥ったときにはより鋭く見つめてきます。

愛猫なりに不安を感じたりしていますので、もし飼い主が見つめられてこの理由に心当たりがあるのでしたらまずはすぐに愛猫の要望に応えてあげましょう。

安心させた上で日々の愛猫と向き合う時間を増やすようにしましょう。

2.不満がある

不満そうな猫

もしかすると愛猫には不満があり、飼い主にそれを解消して欲しくてじっと見つめている可能性があります。

愛猫が普段使用しているところ、例えば汚れたりしていませんか?

例えばトイレなどがよく挙げられます。猫は綺麗好きな生き物ですので、いつもより汚れてくると飼い主に綺麗にして欲しいと訴えてることもあります。

その手段として「視線」を利用しているのです。

まずはチェックしてみて、汚れているのであればきちんと掃除をしましょう。掃除している姿も愛猫はきちんとみてくれますので、より信頼してくれるようになります。

3.ヤキモチ

見つめる猫

飼い主が他の猫を触った後に帰宅すると、家にいる愛猫が敏感に他の猫の匂いを察知します。

人間よりも嗅覚が優れていますので、人間にはわからない匂いも確認することができるのです。

独占欲の強い猫にとっては、他の猫の匂いがついていると安心できません。

責めるような視線を飼い主にぶつけることもあるでしょう。そんな時は安心させるように何度も優しく撫でてあげて下さい。

まとめ

見つめる猫

猫の視線は何かを意味していることが多いです。ぜひ何を意図しているのかを考えながら接してあげて下さい。

要望にうまく応えることで愛猫はさらに好きになってくれます。

スポンサーリンク