猫の『トイレトレーニング』とは?試すべき5つの方法と注意点を解説

猫の『トイレトレーニング』とは?試すべき5つの方法と注意点を解説

「トイレトレーニング」とは新しく来た猫にトイレを教え、そこで用を足すようしつけることです。猫のトイレトレーニングは犬より簡単だといわれますが、それでもほったらかしでいいわけではありません。猫が上手にトイレが使えるようになるために試すべき方法と注意点をご紹介します。

418view

トイレをトイレと認識させよう

ケージの中のキジ猫2匹

1.ケージを利用する場合

置き場所問題さえクリアできれば、初めて来た猫を家に慣れさせるのにケージはぴったりです。

特にトイレトレーニングは、砂の入った猫トイレを置くだけなので超シンプル。猫は本能的に砂地を好むのですぐに使ってくれるでしょう。

2.ケージを利用しない場合

猫砂とサバ猫の前肢

ケージがないときは、猫のおしっこ臭がするものをトイレに置くのがおすすめです。

使用済みの猫砂があればもちろん、粗相したときに拭いたペーパーや雑巾などを入れておけばすぐにトイレと認識します。

ただしたくさん入れる必要はありません。ほんの少しで大丈夫です。

トイレの場所を覚えさせよう

青い猫トイレに香箱する猫

3.トイレの場所を教える

猫トイレを置いたら「トイレ紹介」をしてみましょう。

猫をトイレに抱いて行ってにおいを嗅がせ、実際に砂に立たせてみるのです。

その場は逃げるかもしれませんが、それで場所を覚えてくれます。

またにおいを嗅いだり床を掻いたり、落ち着かない様子を見せたらトイレのサイン。すぐ抱き上げてトイレにおろしてあげましょう。

ただしどちらも無理強いは禁物です。場所が悪い・砂の感触が嫌・トイレの形が嫌いなど、問題があるかもしれないからです。

4.トイレの場所を少しずつ移動する

階段前のトイレ天井に乗る白黒猫

猫がおしっこをした場所にトイレを置くのもひとつの手です。そこで何度もするようになったら、少しずつトイレの場所を移動します。

一気に移動すると猫が混乱しますので、様子を見ながら目的の場所まで数十㎝ずつ動かすのがポイントです。

5.猫トイレの理想の置き場?人用トイレ

トイレの蓋に座る黒猫

人用トイレは、猫からすれば飼い主さんも利用するのでトイレと理解しやすく、個室で落ち着けるというメリットがあります。

また飼い主さんもにおいを心配しなくてすみ、掃除も楽です。トイレが複数ある場合には、使用率の低い方を猫に解放するといいかもしれません。

ただしスペースによる制限と、トイレの扉を閉められないという大きな問題があります。

まとめ

トイレを見つめる子猫2匹

猫のトイレトレーニングのコツは、猫の嗅覚や習性を利用することです。もちろん猫砂そのものが猫の本能をくすぐるのですが、においなどで誘導すればさらに効果が上がります。

また猫砂や猫トイレ本体・置き場を変更する場合にも、始めからやり直すと猫が混乱しなくてすむでしょう。

いずれにしても、丁寧に教えてあげればすぐに覚えてくれるでしょう。

スポンサーリンク