猫が『信頼できる人』の前だけでする仕草3つ

猫が『信頼できる人』の前だけでする仕草3つ

猫は「信頼できる人」と「そうじゃない人」をしっかり区別しており、信頼度によって猫の仕草や態度も大きく変わってきます。そこで本記事では、信頼している人の前で猫はどんな仕草をとる傾向にあるのか、詳しく解説をしてまいります。

3149view

猫が「信頼している人の前だけでとる仕草」って?

猫の手と人間の手で作られたハート

性格にもよりますが、猫は基本的に初対面の人や信頼していない人とは距離をとろうとする傾向にあり、自分から積極的に近寄ってくることは珍しいです。

しかし、一度信頼した相手に対してはメロメロな態度で甘えてきたり、日頃他の人にはあまり見せないポーズなどをとることもあります。

具体的にどのような仕草で猫は「信頼の証」を表現してくるのか、いくつか例を挙げながら紹介してまいります。

「猫からどのくらい信頼されているのか知りたい」「猫ともっと仲良くなりたい」と思っている人の参考になれば幸いです。

1.スリスリとからだをこすりつけてくる

スリスリしている猫

スリスリとからだをこすりつけるのは「もっと構ってほしい」「この人は自分のものだ!」という猫からのメッセージが込められています。

猫が嫌いな人や信頼していない人に対してスリスリすることは滅多にないので、このような仕草をとってきた場合は高確率で猫から好かれているといえるでしょう。

そのまま撫でてあげたり、抱っこしてあげると喜ぶ猫も多いので、スリスリをしてきた時は飼い主さんからスキンシップをとってあげるのもおすすめです。

2.膝の上に乗ってきたり、隣で寝ようとする

膝の上でくつろぐ猫

膝の上に乗ったり、飼い主さんの隣で眠るのが習慣になっている猫も、かなり信頼度が高いといえるでしょう。

なかには、飼い主さんのお腹や背中の上に乗っかってきて寝る事が好きな甘えん坊な子もたくさんいるようです。

猫にとって「眠っている時間」や「くつろいでいる時間」は無防備になりがちです。

そんな無防備な姿を飼い主さんの間近で見せるということは「この人は絶対に危険なことはしてこない」「この人の近くは安全だ」と思っている証といえるのではないでしょうか。

3.お腹を見せながらくつろいでいる

仰向けで眠っている猫

猫にとってお腹は「人にあまり見せたくない弱点」でもあります。そのため、警戒心を持っている猫は寝ている時でも体を小さく丸めてお腹が絶対に見えないような体勢で眠ることが多いです。

そんな猫がお腹を見せるということは、それだけ飼い主さんに対して強く信頼を抱いている証でもあり、安心しきっているといえるでしょう。

まとめ

お腹を見せて眠る子猫

猫は信頼できる人の前では、さまざまな可愛らしい仕草をとってくれます。

猫からの信頼を得るためには地道な努力や時間が必要になるかもしれませんが、猫のことを思いやった行動をとり続けていれば、いつかは「信頼している人にしか見せない仕草」が見られる可能性は高いですよ!

スポンサーリンク