猫の飼い主が『言いなり』になりがちな3つのこと

猫の飼い主が『言いなり』になりがちな3つのこと

愛猫の可愛さに負けて、つい「言いなり」になってしまったことがある飼い主さんは多いのではないでしょうか。今回は猫を飼っているさまざまな飼い主さんに共通する「言いなりになってしまいがちなこと」をいくつかピックアップしてご紹介してまいります。

650view

猫の飼い主さんはどんなことで言いなりになりがち?

猫に構ってあげている女性

猫から可愛くおねだりされたり、しつこくお願いされてしまい、つい言いなりになってしまった…そんな経験をしたことはありますか?

なかには「この飼い主さんは可愛くお願いすれば言いなりになってくれる」と分かって、あざとくアプローチしてくる確信犯な猫もいるようです。

今回は猫の飼い主さんが思わず「あるある」と思ってしまうような「言いなりになってしまいがちなこと」について、紹介をしてまいります。

1.おやつやごはんをあげすぎてしまいがち

ごはんを食べる子猫

おやつやごはんに目がない猫はたくさんいます。

大好物のおやつやごはんをもらうために、飼い主さんに向かってしつこくおねだりする猫は多いですよね。

そして、そんな猫からの猛烈なおねだりについつい応えてしまう飼い主さんもきっと多いはず。

適切な範囲内で与えるのであれば特に問題ありませんが、おやつやごはんを過剰に与えてしまうと肥満などに繋がってしまうため、猫からおねだりされたとしても「適度な量」を意識するようにしましょう。

2.猫が行きたがっている場所にすぐ連れていきがち

ドアの前で待っている猫

「ここのドアを開けて!」「あっちの部屋に移動したい!」といったように、ひとりじゃ移動できない場所に連れてってほしいとおねだりする猫もたくさんいます。

そんな猫からの要望にすぐ応えてあげる飼い主さんも多いようです。

いつもの寝床に行きたがっていたり、猫にとって安全な場所に移動させてあげるのは大丈夫ですが、屋外や危険なものが置かれている部屋などに行きたがっている場合は、猫が何らかのトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、やめておくのが懸命でしょう。

3.猫からのモーニングコールで起きてしまいがち

人間の上に乗っかる猫

朝から飼い主さんを叩き起こすのがルーティンになっている猫もたくさんいます。

朝が苦手な飼い主さんっだったとしても、愛猫からしつこく起こされたらついつい起きてしまう人は多いのではないでしょうか。

なかには、朝ではなく真夜中に飼い主さんを叩き起こしておやつをおねだりしたり、甘えてくる猫もおり、例え真夜中であっても起きてしまう飼い主さんも一定数いるようです。

まとめ

飼い主さんのお出かけを阻止する猫

「愛猫をつい甘やかしたくなる」「愛猫のいうことだったら言いなりになっちゃう」と思っている飼い主さんはかなりたくさんいるようです。

愛猫との関係を築くために言うことを聞いてあげるのも大事ですが、猫にとって危険な事や病気に繋がるような事に関しては心を鬼にすることも必要になってきます。

愛猫にとって「何が本当に一番良いのか」を意識しながら、猫とのコミュニケーションを図るのが好ましいといえるでしょう。

スポンサーリンク