猫が飼い主に『お尻を向けている』時の気持ち4つ

猫が飼い主に『お尻を向けている』時の気持ち4つ

愛猫が(側に来た)と思ったら、顔ではなくお尻を向けて座ることがありますよね。(ご機嫌斜めなのかな?)と思ってしまいますが、実はそうではないようです。それでは、猫が飼い主さんに「お尻を向けている」時、いったいどのような気持ちなのでしょうか?

2761view

1.信頼している

お尻を向けて座る猫

単独で狩りをしていた猫は、常にいつ敵に襲われるかわからない緊張状態におかれていました。

背後から敵に襲われれば、命に関わる致命傷を負いかねません。

そのため、猫にとってお尻はまさに急所。信頼している相手にしか、お尻を向けることはありません。

決して自分を襲わない相手だと確信しているからこそ、お尻を向けて座ったり、眠ったりできるのです。

2.撫でてほしい

撫でられる猫

シッポの付け根を撫でたり、トントンと叩くと喜ぶ猫もいるでしょう。

飼い主さんに「撫でて~!」とアピールするために、お尻を向けることがあります。

お尻を向けて甘えてきたら、優しく撫でたり、軽くトントンと叩いてあげましょう。

もちろん嫌がる猫もいますので、様子を見て、嫌がる場合は無理に触らないようにしましょうね。

3.安心している

横たわる猫

猫がお尻を向けるのは、飼い主さんを信頼していると同時に、安心している証拠。飼い主さんは攻撃してこない安心できる相手であると認識し、リラックスしている状態だと言えます。

お尻を向けたまま眠ってしまうのは、安心しきっているのでしょう。

4.守ってあげる!

背を向けて座る猫

猫は、(飼い主さんを守ってあげる!)と思っているとき、お尻を向けるようです。(弱いあなたを守ってあげなきゃ♪)という気持ちなのでしょう。

敵に攻撃されないように、飼い主さんの前に立ちはだかり、守ろうとしているのです。愛猫がそんな風に思っていてくれるなんて嬉しいですよね。

(お尻を向けて失礼な!)なんて思わずに、「ありがとう」と伝えてあげましょうね。

まとめ

お尻を向ける猫

いかがでしたか?愛猫にお尻を向けられると、複雑な気持ちになる飼い主さんも多いでしょう。

しかし、それは「飼い主さんを信頼してくれるようになった」ことを表しています。

猫がお尻を向けているときは、(静かに落ち着きたい)と思っていることがほとんどです。騒ぎ立てずに優しく撫でてあげましょうね!

スポンサーリンク