猫が『面倒臭い』と感じている時の仕草4つ

猫が『面倒臭い』と感じている時の仕草4つ

私たち人間も、「面倒臭いなぁ」と思うことがありますよね。猫も同じように感じることがあります。「面倒臭いなぁ」と言葉を話せない猫は、どのような仕草をするのでしょうか?

1145view

1.シッポで返事する

シッポを振る猫

飼い主さんが話しかけたり、名前を呼んでも振り向いてくれないことがありますよね。

しかし、猫の体をよく見てみると、シッポをユラユラと動かしていることがあります。これは、わざわざ振り向くのは「面倒臭いなぁ」と感じているのでしょう。

とりあえずシッポを動かし、「はいはい」と返事しているのです。

2.横たわったまま食事をする

横たわり食べる猫

食事の時間は猫が1日のうちで一番楽しみにしている時間でしょう。

しかし、そんな食事の時間に「食べたいけど、面倒臭い」と思うこともあるようです。

飼い主さんが、ご飯やオヤツを差し出しても体を横たえたまま、頭だけ上げて食べ始めることもありますよね。

何とも横着な姿ですが、面倒臭くても食欲には勝てないのでしょうね。

3.サイレントニャーをする

口を開ける猫

猫が鳴く仕草をしているのに、声が出ていないことがありますよね。これは「サイレントニャー」と呼ばれています。

この「サイレントニャー」は、実は人間には聞こえていないだけで、猫は声を出しているとも言われています。

飼い主さんに対して要求があるとき、甘えているときの鳴き方ですが、猫が「面倒臭い」と感じているときにも、この鳴き方をするようです。

4.前足だけで遊ぶ

横たわる猫

飼い主さんがオモチャで遊ぼうとしても、寝っ転がったまま、前足だけしか動かさないことがあるでしょう。

猫にとって、「オモチャ=獲物」。狩猟本能が刺激され、オモチャにはよく反応します。

しかし、面倒臭くて動きたくないときは、前足だけで捕まえようとするのでしょうね。

まとめ

くつろぐ猫

いかがでしたか?「猫は気まぐれ」なんて言いますが、自分の気持ちで行動する動物。面倒臭いと感じているときは、横着な仕草を見せるようです。

それでも「仕方ないなぁ」と許せてしまうのは、猫の可愛さ故なのでしょうね。

スポンサーリンク