猫に十分な『水分補給』してもらうアイデア5選

猫に十分な『水分補給』してもらうアイデア5選

水皿の水がほとんど減っていない。ということは愛猫が飲んでいないということです。猫が水分不足になると健康にも影響が出てきます。どうしたら十分に水分補給してもらうことができるでしょうか?

1322view

1.ウェットフード

食べる子猫

猫はもともとあまり水を飲まない生き物です。そのため、放置しておくと水分不足となり、健康に害を及ぼしてしまうかもしれません。猫に効率的に水分補給してもらうにはウェットフードがオススメです。

負担をかけないどころかおいしい思いをしながら十分な水分が取れます。たいていの猫はウェットフードを好みますが、まれにドライフードの方が好きな猫もいますので気をつけてあげてください。もしウェットフードを嫌がるようなら、これからご紹介する別の方法を試してあげましょう。

ウェットフードは猫にとって必要な栄養や水分がとれる食事です。ただコスト面ではドライフードに軍配があがりますので、1日のうち1食だけにするなどして、うまく調整していくとよいでしょう。

2.流水にする

水を飲む猫

猫はたまっている水よりも流水に魅力を感じるようです。理由はさまざま考えられますが、おそらく新鮮だと思うのでしょう。流水を起こす自動式の給水器を取り入れると、引水量が増えるかもしれません。

たくさんの種類が販売されていますので、購入を検討してみてください。メンテナンスは必要ですが、いつも新鮮な形で飲んでもらうことができます。蛇口で飲むのが好き、という猫ならバッチリハマるはずです。

3.お皿や場所を変える

ペロリ

水皿にヒゲが触れるのを嫌がる場合があります。大きめのお皿に変えると飲むかもしれません。色々試してみましょう。

また、水皿のある場所が気に入らない可能性もあります。特にトイレの近くは嫌がる傾向があるので、離して置くようにしましょう。

4.水飲み場を増やす

水を見る猫

猫がいつもいる場所から水飲み場が遠いと、飲むのを我慢してしまいます。特に動くのがおっくうになった老猫はこの傾向が強いので、注意してあげてください。

水が飲みたいと思ったときに近くにないと、飲まないことも。水飲み場を可能な限り増やすと解決するでしょう。猫が思い立ったときにすぐ飲めるようにしてあげてください。

5.ドライフードをふやかす

お皿を覗き込む猫

ドライフードで飲水量をふやす方法もあります。ぬるま湯や味なしのチキンスープなどでやわらかくふやかしてあげるのです。ふやけたフードは水分を含んでいますので、食べるだけで飲水量が増えます。

固いフードが食べずらくなった老猫にも有効です。もし愛猫がドライフードを食べなくなった、水もあまり飲んでいないという場合は試してあげてください。

まとめ

ぷりんくん

猫はどうしても飲水量が少なくなりがちです。飼い主さんの一工夫で増やしてあげることが可能ですので、もし愛猫が水を飲まないとお悩みの場合は、ぜひお試しください!

スポンサーリンク