猫が食べてもOKな『夏野菜』5種

猫が食べてもOKな『夏野菜』5種

総合栄養食を食べている猫たちには野菜は必要ではありません。しかし中には野菜好きな猫もいます。食べられる夏の野菜についてご紹介しましょう。

1827view

SupervisorImage

記事の監修

日本では獣医師。世界では旅人。”旅する獣医師”として世界各国を巡り、海外で見てきた”動物と人との共生の様子”を、執筆や写真展を通して皆さんと共有する活動をしています。

1.かぼちゃ

横たわる猫とカボチャ

ビタミン類の豊富な「かぼちゃ」は猫が好む夏野菜の代表です。ただし、硬い皮やフワフワした種の部分は消化がしづらいので取り除きましょう。そして必ず茹でたり蒸したり火を通してから食べさせるようにしましょう。

かぼちゃはカロリーが高いので使う量を少なくします。食欲が落ちてしまった時に少量をトッピングにすると、かぼちゃの力で食べてくれるかもしれません。

2.きゅうり

きゅうりに噛みつく猫

水分の多い「きゅうり」も猫が食べても大丈夫な野菜です。シャリシャリとした食感を好きな猫もいるようです。

痛いイボイボなどのある皮はあらかじめ切っておきましょう。

ただしたくさん食べると下痢や消化不良を引き起こす可能性もありますので、少しだけあげてくださいね。

3.キャベツ

千切りキャベツの匂いを嗅ぐ猫

ビタミンや食物繊維の含まれる「キャベツ」も食べて大丈夫な野菜です。

ごく少量であれば生でも火を通しても、健康に大きな害はとされています。しかし、生のキャベツを長期的に与え続けると、チアミン欠乏症や甲状腺の機能を低下させてしまう恐れがあることが、最近の研究で指摘されています。

猫にキャベツを与える時は軽く茹でるなどして火を通し、おやつやトッピング程度の少ない量を心がけた方が良いでしょう。また、キャベツにはシュウ酸が入っているので、尿石症など泌尿器系に持病のある猫へは与えるのを控えましょう。

4.ジャガイモ

水に浸かるジャガイモを見る猫

しっかりと茹でたジャガイモは、少量なら猫に与えても問題はありません。ただし、ソラニンというアルカロイドが皮や芽に含まれていますので、芽のでたジャガイモや加熱していないジャガイモは与えないでください。

また、素材はジャガイモであっても、フライドポテトなど人間用に加工されている食べ物は油や塩分が過多になる恐れがありますから、絶対に与えてはいけません。

5.トマト

机の上のトマトを狙う猫

赤いトマトは少量なら食べても大丈夫です。しかし、トマチンが多く含まれる緑色の部分には注意が必要です。

トマチンはジャガイモに含まれるソラニンと同じアルカロイド成分です。

緑色でまだ熟していない果実も、葉やガクと同じように危険ですから食べさせないようにしてくださいね。

まとめ

サラダを見ている猫

猫が食べてもOKな『夏野菜』5種についてお伝えいたしました。

猫は自分にとって害になる食べ物は口にしません。しかし、人間と一緒に暮らす時間が長くなると野生の感も鈍ってしまうかもしれません。

食欲の落ちている場合や、水分をとりにくくなっている場合に野菜を選択する方法もありますが、猫は肉食動物であり野菜は必要としていません。総合栄養食を食べていて、飲食に問題のない猫には、あえて野菜を与える必要はありません。

スポンサーリンク