『甘えたい猫』が見せる表情や行動の変化3選!愛猫を思う存分に甘えさせるコツとは?

『甘えたい猫』が見せる表情や行動の変化3選!愛猫を思う存分に甘えさせるコツとは?

普段はクールだったりツンデレだったりする猫にだって、飼い主さんに甘えたい気分の時はあるんです♡その時の愛猫の仕草はどんなふうに変化するのでしょうか?本記事では、甘えたい気分の時の猫の仕草などについてご紹介したいと思います。

1912view

1.ふみふみする

猫の手

猫の可愛い仕草と聞いて思い浮かべるのは「ふみふみ」ではないでしょうか。これは母猫の母乳をたくさん出すために子猫がする行動なのですが、甘えたい気分の時には成猫でもこの仕草を見せるんです。

甘えたい気分の時の他に眠い時も「ふみふみ」をすることはありますが、飼い主さんの胸やお腹で「ふみふみ」をしたり、飼い主さんのそばで「ふみふみ」をする場合は甘えたい気分になっていることが多いでしょう。

まるで飼い主さんのことを本当の母親のように思って甘えたいと感じてくれているようで嬉しいですよね。こんな時は愛猫の気が済むまで甘えさせてあげてはいかがでしょうか♡

2.スリスリしてくる

:

猫が飼い主さんの足などにスリスリするのはニオイをつけて「この人は自分のもの!」とアピールしていることが多いですが、そうではなく何かの要求がある時にもこの行動をするんです。

「お腹がすいたよ、ご飯ちょうだい!」「遊んで!」などの催促の時も飼い主さんの足元を歩いてはスリスリします。さらに「甘えたい」「構ってほしい!」と要求している場合もあります。

愛猫がご飯を食べたばかりだったり遊びの誘いに乗ってこない場合は「甘えたい」というアピールである可能性が高いと思います。そんな時には愛猫をたくさんに撫でたり抱っこしたりしてあげてくださいね。

3.お腹を見せる

寝転ぶ猫

猫にとってお腹は急所の1つのため信頼していない人に見せることはありませんが、大好きな飼い主さんの目の前でゴロンと転がってお腹を見せる仕草をする場合は「甘えたい」というサインであることが多いです。

ですがお腹を見せたからといって「お腹を撫でてほしい」という要求なわけではない可能性もあります。愛猫が普段からお腹を触られるのを嫌がる場合は、お腹を見せたからといって安易に撫でるとガブリ…ということも!

愛猫が飼い主さんの前でお腹を見せた時は、普段から愛猫が撫でられると喜ぶ場所を撫でてあげましょう。我が家でもお腹を触られるのを好む子と嫌がる子がいますが、どちらも甘えたい時にお腹を見せてくれますよ。

4.愛猫を思う存分甘えさせてあげるには

撫でられる猫

愛猫が飼い主さんに「甘えたい!」とアピールしてきた時にはどのようにしてあげたらいいでしょうか。猫の性格にもよりますが、以下のことを喜んでもらえると思います。

  • たくさん撫でる
  • 抱っこする
  • 一緒に遊ぶ
  • 一緒に寝る

愛猫が抱っこが嫌いな性格であればその分しっかりと撫でてあげるのも良いでしょう。愛猫と飼い主さんだけの時間を作ってあげることで、愛猫もとても幸せに感じてくれるはずですよ。

スキンシップを取ることで愛猫との絆もより深まりますし、何より愛猫が飼い主さんにだけ見せる秘密の仕草なども拝めるかも知れませんよ♡

まとめ

膝枕で寛ぐ猫

愛猫が甘えたいと思っている時は飼い主さんにアピールをします。ただし控えめな性格の猫の場合はアピールもとても控えめだったり、多頭飼いなら他の同居猫に遠慮してしまうこともあります。

そんな控えめな愛猫のアピールに気付いてあげられるのは一緒に暮らしている飼い主さんだけのはずですので、普段からしっかりと愛猫の様子を観察してあげてくださいね。

甘えたい時や遊びたい時など、飼い主さんに何かを期待している時の猫の黒目は大きめになっているはずです。

愛猫からの「構って」のサインを見逃さないように、愛猫がどんな性格をしているのかを知ってあげることが大切になりますね。

スポンサーリンク