猫にドン引きされる飼い主の『タブー行動』3選!習慣化している行為が嫌われる原因かも?

猫にドン引きされる飼い主の『タブー行動』3選!習慣化している行為が嫌われる原因かも?

人間にも「やってほしくない事」があるように、猫にも「やってほしくない事」があります。人間にとっては大したことない行動でも、猫にとってはとんでもない「タブー行動」になってしまうこともあるのです。今回は猫の前でやってはいけない「タブー行動」について解説をしていきます!

1588view

こんな行動は猫にドン引きされるかも!?

猫の目

猫から好かれたいのであれば「猫から嫌われることをしないようにしよう!」と意識していくのがとても重要になってきます。

つまり、猫に好かれたければ「猫にしてはいけないタブー行動」を把握しておくことも非常に大切になってくるのです。

そこで、今回は猫にドン引きされてしまう「タブーな行動」をいくつかピックアップして紹介していきます。

「愛猫との関係をもっと良くしたい」「猫に避けられてしまう原因を知りたい」という方の参考になれば幸いです。

1.においの強いものを猫の前で使う

猫が近くにいるところで、香水や柔軟剤、アロマなどの「においが強いもの」を使うのはあまりおすすめできません。

このような強い香りがする物は、猫にとってストレスや害となってしまう可能性が高いからです。

自然界にはない強すぎる香りは猫に不快感を与えてしまうこともありますし、一部のアロマ等は猫のからだに良くない影響を与える場合もあります。

なので、猫の目の前でにおいが強いものを使うのはやめておきましょう。

2.無理やり猫とスキンシップを図ろうとする

触られたくない猫

猫と仲良くなるためにスキンシップを図ろうとする人はきっと多いと思います。

もちろんスキンシップを図ることによって猫と仲良くなるケースも多々ありますが、ひとつだけ注意すべき点があります。それは「猫が嫌がっている時は、無理やりスキンシップをしない」です。

猫が逃げようとしていたり、威嚇するような行動をとっているのであれば、そっとしておくのが懸命です。

逆に、猫が構ってほしそうな時(猫のほうから近寄ってくる等)に思いっきりスキンシップをとってあげるようにしましょう。

3.大声で話しかける

猫は大声で話しかけられるのが苦手です。そのため、悪気はなくても、大声で愛猫の名前を呼ぶのはあまりおすすめできません。

逆に高い声や小さい声で話しかけられると、猫は安心感を覚えやすいので、猫に話しかける時の声にも注意をしましょう。

まとめ

ドン引きする猫

大好きな愛猫から嫌われたりドン引きされたりするのは、飼い主としてはとても悲しいですよね。

日頃から猫の気持ちや立場を考慮しながら行動していけば、きっと猫からの信頼も深くなっていくはずなので、本記事を参考にしながら猫と上手にコミュニケーションをとっていただけたら幸いです。

スポンサーリンク