猫からの『好感度』がわかるチェックリスト3つ!好かれるために注意すべきことは?

猫からの『好感度』がわかるチェックリスト3つ!好かれるために注意すべきことは?

あなたの愛猫はあなたのことをどう思っているのでしょうか。一見すると「嫌われてる?」と心配になる態度を取ったりもしますが、猫なりに飼い主さんに「大好き」を伝えてくれているんです♡本記事では、猫からの好感度が分かるサインや仕草などをご紹介したいと思います。

3284view

1.愛猫との距離は?

抱かれる猫

飼い主さんが座っている時、愛猫がどの位置にいるかで好感度が分かります。飼い主さんが動かなくても撫でられる(手が届く)位置に愛猫がいるなら飼い主さんが大好きっ子です♡

もちろん猫の性格によっては飼い主さんから少し距離を取ることもありますが、飼い主さんの視界に入る場所に愛猫がいるなら飼い主さんが大好きな証拠です。ただベタベタするのが苦手なだけでしょう。

わざと飼い主さんの視界に入らないように逃げたり、飼い主さんに姿を見せないようにしている場合は嫌われているというか、まだ警戒中なのかもしれません。

2.目が合ったら瞬きする?

見つめる猫

愛猫と目が合うとすぐに視線を逸らしたり、ゆっくりと瞬きをしてくれていたら「大好き」を伝えてくれています。

じっと相手の目を見つめるのは猫にとってはケンカを売っているのと同じなんです。

飼い主さんも愛猫がゆっくりと瞬きをしたり目を細めてくれていたら、同じようにして見せてあげてください。こうすることで飼い主さんから愛猫への「大好き」も伝えられますよ。

猫にとって数ある愛情表現のうちの1つですが、もちろん好感度が高い相手にしかしてくれません。

もし愛猫と目が合った時にゆっくりと瞬きをしてくれたら、愛猫との関係はとても良好だということですね。

3.お腹を見せてくれる?

お腹を見せる猫

ふわふわのお腹は骨に覆われておらず、攻撃されると命にも関わる猫の急所の1つでもあります。

そんな大切な場所をさらけ出してくつろいでいるとしたら、愛猫は飼い主さんのそばにいられてとても安心しているということです。

愛猫があなたのそばでお腹を見せて寝ていたら、猫からの好感度はとても高いです。逆に絶対にお腹を見せようとしない場合はまだ警戒されている可能性があります。

ただしお腹を見せているからといって撫でてほしいわけではないことも多いです。

もちろんお腹を触られるのに抵抗のない猫もいますが、触られるのを嫌う猫もいますので「お腹を見せた=お腹を撫でてほしい」ではないという前提で接するといいですね。

愛猫から好かれるために注意すること

飼い主が大好きな子猫

愛猫に好かれるためには何と言っても「猫を安心させること」が大切です。

特に迎えたばかりの猫なら、撫でる前にまず指を差し出してニオイを嗅いでもらってください。猫はニオイで相手の情報を探る生き物なので、これが猫との挨拶になります。

臆病な猫や神経質な猫なら急に驚かせないように気を付けるのも大切です。あまり驚かせてしまうと「この人はイヤなことをする!」と猫に認識されてしまいかねません。

猫は音にも敏感なので、あまり大きな音を立てない人を好みます。

もちろん話し声も大きいと怖がられてしまうことがあるので、普段からできるだけ優しく話しかけてあげるように気を付けるのもいいでしょう。

まとめ

膝で寝る猫

猫と一緒に生活していると色々な一面を見ることができます。中には「イメージと全然違った」「猫ってこんなこともするんだ!」と思う行動も多いでしょう。

猫の表情だけで気持ちを察することは簡単ではありませんが、その代わりに猫は色々な仕草や声で「大好き」を伝えてくれます。

普段は飼い主さんに無関心なように見えて、実は飼い主さんのことが大好きだった…という猫もたくさんいます。

飼い主さんも愛猫からの「大好き」のサインを知り、同じように愛猫に伝えてあげることでお互いに心を通わせることは難しいことではありません。どんな性格の猫もたっぷりと愛情をかけてあげればそれに応えてくれるはずですよ♡

スポンサーリンク