猫を振り向かせる『魔法のワード』5つ!絶対反応しちゃう不思議な言葉とは?

猫を振り向かせる『魔法のワード』5つ!絶対反応しちゃう不思議な言葉とは?

この言葉を猫にいうと絶対に反応する!というワードがいくつか存在します。それは一体どんな言葉なのでしょうか?早速紹介していきます!ただ個体差がありますので、あしからず…。

2915view

1.ごはん

ごはん

「ごはん」というワードは猫には魔法の言葉です。飼い主さんがそれを口にしたとたん、ピクッと反応してかけよってくるでしょう。「ニャーニャー」と催促することもあるかもしれません。

食べるのは猫にとって体を維持するためにとても大切です。そして楽しみな時間でもあるのです。飼い主さんが「ごはん」という言葉を発したら、猫は思わず体が動いてしまうでしょう。

2.おやつ

おやつ

「おやつ」もかなりのキラーワードです。嗜好性が高いので、大抵の猫はおやつが大好き。おやつの言葉に反応して、家のどこにいてもダッシュしてくるのではないでしょうか。

ただご存知だとは思いますが、愛猫が好きだからといって食べさせすぎには要注意です。肥満の原因になってしまいます。いくら愛猫が喜んでもおやつの量には注意し、太らないようにしてあげましょう。

3.ちゅーる

ちゅーる

強力な魔法のワードの1つとして「ちゅーる」があります。どんな猫もメロメロにしてしまう魅力があるのです。愛猫にいつも「ちゅーる」と言いながら与えていれば、その後は口にしただけで反応するでしょう。

どんなに不機嫌でも、ちゅーると聞けばとたんに機嫌がよくなるほどの魔力です。ここまで強力な言葉もないでしょう。まだあまり距離の近くない猫と仲良くなるのにも、ちゅーるは有効です。

4.猫の名前

こちらを見る猫

思わず反応してしまう言葉、それは「猫の名前」です。名付けてすぐは反応しないかもしれませんが、いつも呼んでいると自然に覚えていきます。飼い主さんが呼べば反応してくれるようになるのです。

そのときの気分により、反応の度合いが変わります。面倒だと思っているときは聞こえていても無視したり、せめてもの対応として耳やしっぽを少し動かすだけでしょう。

5.寝るよ

寝る

飼い主さんが「寝るよ」と声をかけるとスタスタとかけより、一緒に布団に入る猫がいます。とてもかわいい反応ですね!愛猫との添い寝は至福のとき。

いつも飼い主さんが寝るときにお誘いの声をかければ、覚えて反応してくれるようになるかもしれません。

似たような意味の言葉で「おいで」に反応する場合もあるようです。飼い主さんの表情や雰囲気で、何を求めているのかがわかるのでしょう。

まとめ

蒼空くん

猫はある程度の人の言葉は分かっているようです。いや実は全部理解しているという話もあります。愛猫がどこまで分かってくれているかは謎ですが、言葉によるコミュニケーションも大切です。

できればポジティブな言葉かけをして、猫との中をより一層深めていきましょう!

スポンサーリンク