猫が『釘付け』になるもの5つ

猫が『釘付け』になるもの5つ

猫が夢中になると、飼い主さんが話しかけても聞こえていない様子になります。それほどまでに釘付けになってしまうものとは、一体何でしょうか?気になる5つのモノをピックアップしてみました。

955view

1.テレビ

テレビを見る猫

人間向けに作られたテレビ番組など興味なさそうな猫ですが、意外にもじ〜っと見入っていることがあります。一体何にそんなに惹かれているのでしょうか?

素早い動きや同じく猫の映像などに興味をそそられるよう。猫と人の目は違うので、飼い主さんと同じ絵が見えているわけではありません。赤色が認識できないため、テレビの画像は色味が控えめになり、輪郭もぼんやりしている可能性があります。

チラチラと動く影や気になる動きをする対象が映っているのでしょう。猫用の画像をテレビ画面に映し出しても、釘付けになる場合が多いです。

2.虫

蝶を見る猫

小さな虫は、いつの間にか家の中に入り込んでいます。猫が見つけるととたんにその目がロックオンされるのです。高い場所に虫がいれば、じ〜っと見上げて興奮した様子で「にゃ〜にゃ〜」鳴き叫びます。

時には人類の敵である(?)ゴキブリにもロックオンすることが。散々もて遊んだあげくにパクッとしてしまう猫もいますので、注意が必要です。自動的にゴキブリを退治してくれるのは助かるのですが、猫が食べると寄生虫がお腹に入ってしまう可能性があります。

猫は飼い主さんから十分なキャットフードをもらっているはずなので、あえてリスクのある虫を食べさせる必要はありません。気をつけていきましょう。

3.窓の外

眺める

窓の外を眺めるのが好きな猫は多いです。行き交う人や車、鳥などを眺めて楽しんでいます。ここで誤解して欲しくないのが、外に出たくて眺めているわけではないということ。

たまに勘違いして外に出そうとする飼い主さんがいるのですが、それはたいへん危険な行為です。絶対にやめましょう。

猫が窓の外を眺めるのは、家の中というナワバリを守るためでもあります。不審な侵入者がいないかを見張っているのです。猫にとってはたいせつな時間ですので、心おきなく外を眺められるようにしてあげましょう。

窓際にクッションやベッドを置いてあげると、より快適に過ごせます。

4.食べ物

食べる

猫が大好きなものといえば「食べ物」です。ご飯でもおやつでも、食べられるものには好反応を示します。

「おやつ」などの言葉を耳にしただけでかけよってくる猫もいるほど。飼い主さんが手に持つモノをじ〜っと眺め、視線を外しません。

猫大人気のちゅーるを出した日には、その目は釘付けになることでしょう。催促する姿が目に浮かびます。

5.おもちゃ

遊ぶ

ヒモ状のものやカシャカシャ音がなるおもちゃは、猫が大好きなアイテムの1つです。飼い主さんが手に持てば「遊んでくれるの?」とでも言いたげに、目をキラキラさせながら近づいてきます。

遊び好きな猫ならなおさらでしょう。そのおもちゃが右へ左へ振られるまで、目が釘付けになります。

遊びは猫にとって運動不足やストレス解消の手段です。ぜひ毎日時間をとって、遊んであげるとよいでしょう。

まとめ

そらくん

猫が釘付けになるものは、意外と広範囲に渡っています。害がなければいくらでも、ひっついてもらって構わないでしょう。夢中になっている愛猫の姿はかわいいものです。

近くでカメラを用意して、待機しておきましょう!

スポンサーリンク