猫が『好きな声』5選!好感を持たれる声の特徴とは?

猫が『好きな声』5選!好感を持たれる声の特徴とは?

人にも声の好みがあるように、猫にも声の好き嫌いがあるようです。一体猫はどのような声を好むのでしょう。猫に好感を持ってもらうには、どのように話しかけるのがよいのでしょうか?チェックしていきましょう。

818view

1.高い声

話しかける女性

猫は高い声を好みます。話しかけるときは意識して高めにするとよいでしょう。

低い声は威嚇の唸り声や捕食動物の声に聞こえてしまうよう。警戒してしまいます。一般的には男性の声より、女性の声を好むようです。

なるべく声を高くして話しかけると、安心してくれるかもしれません。猫が慣れてくれるのも早まるでしょう。トライしてみてください。

2.小さめの声

猫との会話

猫は大きな音が苦手です。それは声についても同様。大きな声は好まれません。

むしろ怖がられてしまい、逃げてしまうでしょう。せっかく近くにいるのに仲良くなるチャンスを失ってしまいます。猫に話しかけるときは小さめの声にしておきましょう。

3.ゆっくり話す

鼻ちょん

猫に言葉をかけるときは、ゆっくり話すとよいようです。赤ちゃんに話しかけるイメージでお話ししてみましょう。

猫に飼い主さんの言葉の意味がわかるのか?と疑問に思いますが、意外と伝わっているようです。というのも、猫は相手の気持ちにとても敏感。たとえ言葉の意味がわからなくても、どういう心持ちなのかがわかるのです。

ですから、飼い主さんのかける声の中にその心を感じ取ります。たっぷりと愛情を込めて、声かけしてあげましょう。

4.猫の声

鳴く子猫

ある実験で、猫の鳴き声に一番反応したことが確認されています。やはり同族の声は強いです。

外からふと聞こえた猫の声に、愛猫がハッと反応するシーンを見たことのある飼い主さんは多いでしょう。目を見開き「今の声は…?」と辺りを見回します。特に小さくて高い子猫の声には好感を持つようです。

5.鳥の声

鳴く小鳥

鳥の声にも猫はよく反応します。好きという範囲を超えて、体が自然と動いてしまうのでしょう。思わずハンターとしての血が騒いでしまうのです。

外から鳥の声が聞こえると、猫はじっと耳をそばだてます。姿を発見した場合は窓越しに見つめながら「カカッ」や「キャンキャン」などの小さな声を立てるのです。これは「捕まえたいけど捕まえられにゃい!」という葛藤を表している鳴き声といわれています。

まとめ

みいすけくん

人が猫に話しかけるときは、小さく高めの声でゆっくり声かけすると好感を持たれやすいようです。赤ちゃんに話しかけるような感じで話せば、間違いはないでしょう。

低い声で話しかけると警戒されてしまうので、注意が必要です。猫や鳥の声を真似して、遊んでみても興味を持ってくれそうです。

スポンサーリンク