猫が飼い主を『じっと見つめる』ときの原因3つと対処法

猫が飼い主を『じっと見つめる』ときの原因3つと対処法

言葉を話せない猫はその他の手段でコミュニケーションを取ろうとします。飼い主のことをじっと見つめることも、その中の一つの手段なのです。

1986view

猫がじっと見つめる時

見つめている猫

猫と一緒に暮らすと特に実感するのですが、時折飼い主のことをじっと見つめることがあります。

言葉を話せない猫は非言語コミュニケーションを使って人間とコミュニケーションを取ろうとしますので、じっと見つめることも何かを意味する行為なのです。

ここでは猫がじっと見つめる時に何を意味するのかをまとめてみました。いくつかの理由が考えられますので、その場の状況を踏まえながらどういったことが当てはまるか考えてみて下さい。

猫の気持ちが分かれば猫から信頼されるようになりますので、大事な要素です。

1.要求する時

見上げる猫

本来猫同士で目を見つめることは喧嘩を売るという行為になります。にも関わらず飼い主のことを見つめるということは、飼い猫特有の仕草と言われています。

主に日常生活のなかでは飼い主に対して何かを要求する時にじっと見つめることは多いとされています。

「お腹が空いた」「トイレを綺麗にして欲しい」「遊んで欲しい」といった飼い主にサポートして欲しいことがある時にじっと見つめるのです。

どの要求を求めているのかはその時の状況で決まりますので、合わせて注意深く観察しましょう。

2.興味がある

ワクワクしている猫

猫にはそれぞれ大なり小なり好奇心があります。目の前を小刻みに動く対象を見つけると、夢中になってじっと見つめることがあります。

もし飼い主が普段と違う動きをしていたり、もしくは羽のようなヒラヒラするアクセサリーなどをつけていたりすると、揺れる様子が猫の興味をそそりじっと見つめることになるでしょう。

その対象の匂いを嗅がせて飽きるまで触らせたり、もしくは飼い主自身が対象であればそのまま愛猫と向き合って遊びの時間にしたりするなど好奇心を満足させるようにしましょう。

3.不満

不満そうな猫

飼い主に対して何か不満がある時も無言でじっと見つめることがあります。

例えばいつもよりご飯が少なかったりすると、空のお皿を見つめてから飼い主の方にじっと見つめるというようなことがあります。そんな時は、飼い主に不満を伝えて解消して欲しいという願いが込められています。

もちろんできることであれば協力してあげましょう。しかしダイエット中などでご飯を少なくすることがやむを得ない状況であれば、申し訳ないですがご遠慮していただきましょう。

まとめ

おねだりしている猫

猫の見つめる視線にも多くの意味があることが分かりました。

猫は目で感情を表す達人です。しっかりと自分の気持ちを伝えてきますので、飼い主は読み取り損ねないように日々見守りましょう。

そして気づいたことがあれば、愛猫のストレス軽減のためにも不満は取り除いてあげましょう。

スポンサーリンク