猫が『大嫌いな人』だけに見せるサイン4つ

猫が『大嫌いな人』だけに見せるサイン4つ

猫は、人に甘えるのが好きです。でも、苦手な人もいるんです。大概は知らず知らずのうちに猫が嫌がることをしてしまっているからですが、猫に嫌われているかと思うと、ショックですよね。猫は嫌いな人には、どんなサインを見せるのでしょうか?

6169view

1.威嚇する

威嚇する猫の顏

わかりやすいのは、威嚇。全身の毛を逆立てて、牙を剥きだした猫にシャーッと威嚇されたら、好かれているとは思えませんよね。威嚇するのは、相手を怖がっているから。これ以上近づくなという合図なのです。

保護猫を飼い始めたばかりの頃は、警戒心が強く威嚇することもよくあります。威嚇しているときに無理に近づいたり撫でようとすると、噛まれることがあります。このようなときは手を出さないようにし、落ち着くのを待ちましょう。

2.後ずさりをする

上目遣いでこちらを見る猫

猫はもともと後ろに進むのは得意ではありません。それが、後ずさりをするのは、怖いものがあってそこから離れたいとき。後ずさりをして、少し離れたところまで行って逃げ出すのです。

猫は、嫌いな相手を前にしたときも、後ずさりをします。身を低くして、相手を睨んで後ろに下がります。相手を警戒し、様子を伺っているのです。怖がっているときなので、後ずさりをしている猫を追うのはやめて下さいね。

3.しっぽを振る

ベッドの上で振り返る猫

犬は嬉しいときには、大きくしっぽを振りますが、猫が激しくしっぽを振っていたら、その逆。嫌いな人に見せるサインです。猫は、機嫌が悪いときに、このように激しくしっぽを振ります。

猫を構っていて、激しくしっぽを振り始めたら、もうやめて欲しいと思っています。イライラしているので、すぐにやめた方がいいですね。ちなみに、機嫌がいいときは、猫のしっぽはピンと立っています。猫のしっぽもなかなか表情豊かですね。

4.デビルフェイスになる

イカ耳でこちらを見る猫

人間は、不快なときは顔に出てしまうものですが、実は猫も顔に表れるんです。耳は横に張っていて、いわゆるイカ耳の状態、目は大きく見開いています。その表情は悪魔のように見えることから、デビルフェイスと呼ばれています。

デビルフェイスをされてしまったら、猫はかなり不快になっているということです。デビルフェイスの猫には近づかない方が賢明ですね。構い過ぎてデビルフェイスになることもあるのでご注意を。

まとめ

テーブルの上からこちらを見る猫

猫が好きなのに、猫からの嫌いサインを見せられたら、かなりへこんでしまいますよね。猫がかわいくて、ついつい触りたくなりますが、猫には構われたくないときがあります。そんなときに無理に追い回すと、嫌われる原因に。

大嫌いな人に見せるサインを出されてしまったら、距離を取ってそっとしておくのがベストです。焦りは禁物。猫のペースに合わせてあげることが、猫と仲良くなるコツなのです。

スポンサーリンク