猫の早死に繋がってしまう『危険な飼い方』4つ!今すぐ改善すべきポイントとは?

猫の早死に繋がってしまう『危険な飼い方』4つ!今すぐ改善すべきポイントとは?

猫が健康で長生きするには、「飼い方」が重要になってきます。猫が不満を感じることなく生活するには、どのようなことに気をつけなければならないのでしょうか。猫の飼い方で見直すべきポイントをご紹介します。

5647view

1.猫にあったフードを与えていない

ドライフードとウェットフード

猫のフードは「総合栄養食」と書かれたキャットフードを選びましょう。総合栄養食は、猫の健康が維持できるように栄養バランスが整えられています。

猫は体内でタウリンを十分に合成できず、タウリンが欠乏すると心臓や目に障害がでてしまいます。総合栄養食と書かれたキャットフードには猫に必要な量のタウリンが入っているので、猫の主食には必ず総合栄養食を選びましょう。

また、病気の治療や予防のための「療法食」というフードがあります。これは獣医師からの指示に従って与えましょう。療法食を食べる必要がないのに療法食を与えると、体調が悪くなってしまうことがあります。

2.フードの量が適正でない

スケールの上のペットフード

猫がフードを欲しがるからといってあげすぎてしまうと、猫も肥満になってしまいます。肥満は様々な病気をまねく要因となります。

猫の体重、運動量などから適正な量のフードを与えるようにしましょう。フードの量を量る際、目分量だと多く与えてしまう場合があります。キッチンスケールなどで量って与えましょう。

おやつを与える場合も与え過ぎで肥満にならないようにしなければなりません。おやつを与えたら、主食のフードの1日の給与量からその分のカロリーを引いて与えるようにしましょう。

3.猫が好む環境を整えていない

高いところにいる猫

猫が快適に暮らせる環境でないと猫にストレスがかかってしまいます。ストレスも様々な病気のきっかけになるため、環境を整えることは大切です。

猫は高い場所を好みます。高い場所から周りを見渡せるようにキャットタワーを用意したり家具の上に登れるようにしましょう。登り下りできると運動にもなります。

猫はきれい好きでトイレがきれいにされていないと使わない場合があります。猫がトイレを我慢してしまうと、膀胱炎など病気になってしまいます。

こまめにトイレを掃除する、トイレの数を猫の頭数+1個にする、猫の好みのトイレや猫砂を用意するなど、猫がトイレを我慢することがないようにしましょう。

4.物の管理ができていない

ダンボールが積まれた部屋と歩く猫

こんな物食べないだろうと思っていても、猫がキャットフード以外の物を飲み込んでしまうことがあります。

おもちゃ、紐類はじゃれているうちに飲み込んでしまい、腸閉塞を起こす可能性があります。部屋に飾っている花などの植物の中には中毒を起こすものもあります。また、ネギやチョコレートなど人の食べ物にも貧血や中毒など猫の健康に害となるものがあるので注意しなければなりません。

猫の誤飲を防ぐには、猫が口にしないように片付けておくことが重要です。

遊んだあとはおもちゃを出しっぱなしにしない、猫が過ごす場所には植物を置かない、人の食べ物や生ゴミは出しっぱなしにせず近づかせないようにするなど対策をします。

棚や引き出しを器用に開けてしまう猫には、開けられないようにストッパーなどを使用して防ぎましょう。

我が家の猫もおもちゃで遊んでいるとくちゃくちゃ噛んで飲み込みそうになるため、様子を見て遊びを切り上げ、おもちゃを片付けるようにしています。

まとめ

おすわりする猫

フード選び、フードの量、猫が暮らす環境、物の管理などがうまくできていないと、病気や事故で猫の寿命を縮めてしまう可能性があります。

猫が気持ちよく暮らせるような環境にする、フードの与え方や誤飲の防止など、飼い方の見直しや改善をしましょう。

スポンサーリンク