猫が『撫でて♡』と近寄りたくなる人の共通点3つ

猫が『撫でて♡』と近寄りたくなる人の共通点3つ

猫好きな人であれば、猫とお近づきになれるのはとても嬉しいですよね。ですが、実は猫も撫でてくれる人を選んでいる…!?本記事では、猫がつい撫でてもらいたくなっちゃう人の共通点についてご紹介したいと思います。

1897view

1.優しく声をかける

猫と話す人

猫は大きい音や低い声が苦手です。特に低い声は猫にとって威嚇されていると感じてしまうようです。

そのため、少し高めの優しい声で話しかけるようにしてあげると、猫も安心して近寄ってきてくれるようになるでしょう。

人間の赤ちゃんに話しかけるようなトーンで話すと、猫も安心してくれるんですね♡

大きい音を立てず静かに落ち着いて接してくれる人が猫にとっては安心できて「撫でてほしい!」と近寄ってきたくなるようです。

猫の前では極力大声ではしゃいだりしないように心がけるといいかも知れませんね。

2.目線を合わせない

見つめる猫

猫が視線を合わせるのはケンカの時です。普段は無用な争いを避けるために相手との視線を微妙に逸らしているんです。

そして「目線を合わせるとケンカの合図」というのは相手が人間の場合にも適用するようです。

そのため、猫の目をじっと見つめることは、猫にとっては「ケンカを売られている」「威嚇されている」と感じるんだそうです。

もちろん猫からすればケンカを売ってくる(と思い込んでいる)相手に、自分から近寄りたくはないですよね。

猫のほうから近寄りたくなる人は、たとえ猫がじっとこちらを見つめてきたとしても視線を合わせません。

目が合ってしまった時はゆっくりとまばたきをして「信頼しているよ」のサインを送っている人もいるでしょう。

3.甘えたい時に好きなだけ甘えさせてくれる

甘える猫

猫は基本的に自由を好むので人間とも適度な距離感を望みます。ですがどんな猫にも「甘えたい時」というものはあります。

猫によってその時間はまちまちですが、甘えたいと思った時には気が済むまで甘えさせてくれる人を好むようです。

甘え方も「抱っこ」「なでなで」「腕枕で寝る」など様々ですが、愛猫の望む甘え方をさせてくれる飼い主さんには「また甘えたいな♡」と思ってくれるはずです。

大好きな人に甘えることでとても幸せな気分になってくれていたら、ゴロゴロと喉を鳴らしてリラックスしてくれること請け合いです♡

まとめ

甘えん坊な猫

猫のほうから「撫でてほしいにゃ~♡」と近寄ってくる人の共通点はたくさんありますが、何より大切なのは撫で方が上手いことではないでしょうか。

撫でてもらった時に猫が気持ち良いと感じれば「また撫でてほしい!」と思ってくれるはずです。

また日常的に猫の体を撫でることでケガや病気といった体の異常の早期発見にも繋がります。猫にとっても飼い主さん家族に撫でてもらうことは甘える以外の意味でも大切なことなんですね。

迎えて日が浅い猫に近づく時は、できるだけ猫を怖がらせたり警戒させないよう注意してあげてください。そうすることで、猫からも少しずつ信頼してもらえるようになると思いますよ。

スポンサーリンク