猫が『興味がないニャ〜』と思っている時に見せる仕草5つ

猫が『興味がないニャ〜』と思っている時に見せる仕草5つ

猫が興味のないとき、どんな仕草を見せてくれるのでしょうか?知っておけば無理やり何かをさせなくて済みます。興味がないのにしつこくすると、益々冷めた目で見られてしまうでしょう。しっかりとチェックしてください!

581view

1.無視

向こうをむく猫

猫が興味がないとき、とにかく無視に徹します。まるでそのことがないかのように、とにかく視線を向けません。猫の意識にさえ上がっていないようなふるまいです。

実際に目に入っていない可能性も。ですのでそのような態度をとられた場合、興味がないと思ってそれ以上のアプローチは避けましょう。しつこく迫ると嫌がられてしまいます。

猫の興味がない態度ははっきりしていますので、すぐ悟っていきましょう。

2.立ち去る

立ち去る猫

チラ見くらいはしてくれるかもしれませんが、興味がないとそそくさと立ち去るでしょう。「今ちょっと忙しいにゃん」とでもいいたげです。猫は猫で忙しいので、興味がないことに付き合うヒマはないのでしょう。

猫が立ち去ってしまった場合、追いかけるのはあまりオススメしません。つかまえるのは至難の技ですし、猫は追い詰められるのを好まないからです。立ち去ったらそのまま見送りましょう。

3.無反応

無反応

無反応を決め込む場合も。さも退屈そうにあくびされるかもしれません。こちらからすると、とてもイラっとする態度。

でも猫からすると「今はリラックスタイム中だから、邪魔しないでにゃん」という気分なのです。無反応という反応で、かえしてくれています。ですからそれでよしとしましょう。

4.寝る

スヤァ

興味がないものをいくら目の前に出されても、猫も困るでしょう。そのうち眠くなってきてしまって、寝てしまうかもしれません。目がしょぼしょぼして、今にも閉じそうに…。

もしそのまま寝てしまったら、そっとしておくようにしてください。その態度にムカッとくるかもしれませんが、そこは大人の対応をしていきましょう。

5.他のことをしだす

遊ぶ猫

興味がないので他の興味のあることをしだす場合も。差し出されたものには見向きもせず、自分の気の向くまま行動するのが猫。そんなマイペースさがかわいいです。

もし愛猫が他のことをしだしたら、飼い主さんも一緒に乗ってみてはいかがでしょうか?応援するようなその姿に、猫も喜んでくれるでしょう。興味がないものに無理やり興味を向かせるより、そちらの方がはるかに簡単なコミュニケーションになります。

まとめ

そっぽをむく猫

猫は興味があるものとそうではないものがはっきりしている気がします。飼い主さんへの付き合いでしょうがなく興味を持っているフリをする…ということはほとんどないのでは。興味がないと判断したら、それ以上迫るのは避けましょう。

嫌われないためにも。

スポンサーリンク