猫に復讐されてしまう飼い主のタブー行動5つ

猫に復讐されてしまう飼い主のタブー行動5つ

匂うと思ったら愛猫が粗相していた、引っ掛かれたなど、しでかされることがあると思います。もしかしたら猫の復讐心に起因しているのかもしれません。愛猫に困った行動をとらせる飼い主さんのタブー行動とは?チェックしていきましょう。

1929view

1.トイレをキレイに保たない

睨んでいる猫

トイレにこだわりがある猫は多いです。キレイでないと使いすらしません。そして不満を感じ、飼い主さんに復讐するのです。

「粗相」という形をとって。飼い主さんの布団やソファ、クッションなどに見事にしてくれるでしょう。あのキツイ匂いのブツを。

飼い主さんが困る様子を見て、ほくそ笑んでいるかもしれません。洗えないものは捨てるしかなくなるでしょう。それだけ猫の排泄物は匂いがキツイのです。

このような痛い復讐をされないよう、気をつけて参りましょう。

2.長時間の留守番

待つ猫

留守番が長時間になるとさみしさから不満になり、今度は怒りに変わって復讐の対象となってしまうかも。数日間家を開けたら愛猫が素っ気なくなっていた、という飼い主さんは多いです。

もしくは思いきり怒られるか。しばらくとりあってくれなくなった方もいらっしゃるとか。長時間留守番してもらうときは、しっかりと理由を伝えてから出かけましょう。

それもどこまで通用するかはわかりません。もしくは帰宅時にご機嫌とりのおやつを買って帰ると、許してくれる可能性が。うまくバランスをとっていきましょう。

3.無理じい

機嫌が悪そうな猫

猫に無理じいすると、キツイ復讐が待っているかもしれません。ネットで話題になった動画で、ギターを持った飼い主さんが強引にソファから愛猫をどかし、その後見事に復讐された例があります。

愛のあるどかしかたではなく、かなり無理矢理だったので猫もカチンときたのでしょう。賢い生き物なので、どうすれば相手が困るのかがわかるのです。ですから愛猫にはいつも、愛を持って接しましょう。

飼い主さんのわがままを通すと、痛い仕打ちが待っているかも…。

4.追い詰める

睨む猫

たとえば動物病院に連れていくときに愛猫を追いかけ、捕まえようとする場合があるでしょう。やっとの思いで追い詰めもう少しで捕獲成功!と思ったのに、バリッとやられてしまうことがあるかもしれません。

追い詰められた猫は強いです。持ち前の俊敏さと凶器の爪を持ち出されたら、人などとうていかなわないでしょう。無理に追い詰めると痛い復讐が返ってきますので、気をつけてください。

5.気に入らないことをする

猫相のわるい猫

猫を叱る、飼い主さんから知らない猫の匂いがする、キャットフードが好みではなど、何か気に入らないことがあると復讐する猫も。粗相や破壊などで知らせてくれます。

全ての猫がこのような行動をするわけではありません。もし愛猫にこういう傾向があるなら、飼い主さんはたいへんです。でもそれもよい思い出となる日がくるでしょう。

いわゆる「困ったちゃん」はお世話がたいへんですが、格別に可愛かったりもします。困ったちゃんではなくても猫が気に入らないことをするのはストレスの原因になるかもしれません。気をつけてあげましょう。

まとめ

怖い白猫

猫の復讐といえば、粗相か痛みか、そんな感じのようです。どちらも飼い主さんにとってはキツイもの。なるべく猫の逆鱗に触れないよう、注意していきましょう。

スポンサーリンク