猫と『心が通じ合う関係』になるための方法5つ

猫と『心が通じ合う関係』になるための方法5つ

猫と暮らす上で心が通じ合うことはとてもたいせつです。どうしたらそのようになれるでしょうか?難しいと思われるかもしれませんが、実はそれほどたいへんではありません。

1852view

1.猫の仕草を知る

手を掴む猫

猫の仕草を知ることは、心を通じ合わせる関係になる上でたいせつです。なぜなら、気持ちを理解できるから。

猫は全身で表現しています。それを感じ取るために仕草を知っておくと役に立つのです。猫の気持ちが分かれば、コミュニケーションしやすくなります。

多くの仕草がありますので覚えるのはたいへんかもしれませんが、少しずつでもよいので知っていくとよいでしょう。

2.信頼関係を築く

信頼しあう仲

猫と心が通じ合う関係になるためにはまず、信頼関係を築きましょう。とてもたいせつです。そのためには猫のお世話をしっかりして、信用を得る必要があります。

信頼関係が築けると、自然と心が通じ合ってきます。そうなると毎日がより、楽しくなるでしょう。なんとなく愛猫のいいたいことが分かったり、今何を考えているのかが分かったり…。

迎えてすぐには築けないかもしれませんが、焦らず優しく接していればそのうち、信頼されてくるでしょう。

3.まばたき

目をつむる猫

猫の信頼を得るのに「まばたき」が有効だとある実験によって証明されました。見知らぬ人であっても、猫に向かってまばたきをするとまばたきしかえすのだそうです。そしてそのコミュニケーションをした人の方に近寄る傾向があったのだとか。

正に魔法の方法です。ですから、とにかく猫と目があったらまばたきするとよいでしょう。見知らぬ猫はもちろん、愛猫に対してもです。

こちらがまばたきをすると、かわいく猫もし返してくれることが多いのです。ぜひ試してみてください。

4.お世話をする

ブラッシング

猫と信頼関係を築くには、しっかりとお世話をしましょう。猫はそのことをじっと見ています。そして自分に対してプラスになる人、というといいかたが悪いですが、そのような人に懐く傾向があるのです。

ご飯からトイレから遊びまで、猫のお世話は多岐に渡ります。ぜひ積極的に面倒をみてあげてください。

5.声をかける

声をかける女性

猫とコミュニケーションをする際、撫でるだけよりも同時に声をかけるとよいようです。より深い信頼関係を築けることが知られています。愛猫の名前や「かわいいね」など、たくさん優しく声かけしてあげてください。

きっと猫もその心地よい声に安心し、心を開いてくれるでしょう。

まとめ

ラブくん

猫と心通じ合う関係になると、こんなに楽しいことはありません。毎日がハッピーになれるでしょう。ぜひご紹介した方法を試して、猫と心を通じ合わせてください。

スポンサーリンク