猫にとって『理想的な飼い主』になるための心構え3つ

猫にとって『理想的な飼い主』になるための心構え3つ

愛猫が幸せな生涯を全うできるかどうかは、飼い主さんに大きくかかっていると言っても過言ではないでしょう。愛猫に幸せになってもらいたくて、「どんなことをしてあげれば、猫にとって理想の人間になれるだろう」と考えたことがある飼い主さんはきっと多いと思います。そこで、本記事では猫にとって「理想的な飼い主」とはどんな人物像なのか、解説をしていきます。

791view

猫にとって「理想的な飼い主」の条件とは?

猫を抱っこする女性

猫にとって飼い主さんは「生涯を共にする大切なパートナー」といえます。飼い主さんの努力次第で、愛猫の一生を幸せで満たしてあげることだってできるのです。

一体どのように振る舞えば愛猫に快適な暮らしを与えることができる飼い主になれるのか、今回は理想的な飼い主さんの条件について、詳しく解説をしていきます。

1.猫のペースに合わせてあげる

猫は「自分のペース」を大事にする生き物です。ささいなことでご機嫌になることもあれば、逆に不機嫌になってしまうこともあります。個体差や性格によって差はありますが、気分もコロコロと変わりやすい傾向にあるのです。

そんな気分屋さんな猫のペースに合わせて行動してあげれば、愛猫からの好感度を一気にあげることができますし「理想的な飼い主」に近づくことができます。

「機嫌が悪そうな時はそっとしておく」「甘えてきた時は構ってあげる」など、猫の気持ちに寄り添った行動を意識するのがポイントです。

2.猫にとって過ごしやすい環境を整えてあげる

リラックスする子猫

完全室内飼いで猫を飼っているのであれば、猫にとって家の中が「世界の全て」といっても過言ではありません。なので、家の中の環境を整えてあげることも非常に大切です。

「猫がひとりになれる静かな場所を作ってあげる」「猫トイレはできるだけこまめに掃除する」「大きな物音や大声を出すのは極力控える」「猫の嫌いなにおいを家の中に持ち込まないようにする」といった「猫にとって心地よい環境づくり」を意識しながら、猫をお世話してあげましょう。

3.最期までしっかりと責任をもってお世話する

当たり前のことではありますが、愛猫をお迎えした後は最期まできちんと責任をもってお世話をしてあげましょう。

給餌や猫用トイレの掃除といった「毎日やるべきお世話」はもちろんのこと、「具合が悪い時は動物病院に連れていく」「老化で愛猫のからだが弱ってきたら介護をしてあげる」といった猫の様子に合わせて面倒を見てあげることも大切です。

人間の言葉でコミュニケーションをとることはできなかったとしても、愛猫のために一生懸命お世話をしていれば、きっとその思いは伝わることでしょう。

まとめ

猫と飼い主

愛猫に対して「安心安全な生活を送らせてあげたい」「健康に気をつかってあげたい」「リラックスできるようにしてあげたい」という思いがあれば、きっと自然と「猫にとって理想的な飼い主」になることができるはずです。

愛猫の幸せを願って、それを行動に移すことが愛猫に好かれる大事なポイントといえるでしょう。

スポンサーリンク